指月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

指月(しげつ、しづき)

指月と豊後橋と巨椋池『都名所図会』(1780年)

指月山[編集]

仏教用語の「指月」(しぐゎち(呉音)、しげつ(漢音)、しぐゎつ(慣用音))とは「指免」と同義語で、「指」は仏教の教え、「月」は(dhárma, dhamma)の意味。[1]

  • 指月山月橋院(月橋禪院、指月庵、指月山円覚寺) – 京都市伏見区桃山町泰長老にある曹洞宗の寺院。豊臣秀吉が月見の宴を催した。月の名所である指月の森に由来。
    • 月宮殿の松
  • 指月山般舟三昧院(般舟院、西圓寺)、京都市上京区般舟院前町にあった天台宗の寺院
  • 指月山常宣寺 – 大阪市旭区生江三丁目にある浄土真宗本願寺派の寺院

関連項目[編集]

  • 指月で始まる項目の一覧

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「仏教語読み方辞典」