捧敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

捧 敏夫(ささげ としお、1945年9月15日 - 2006年3月7日)は、大阪府岸和田市出身の釣り師、ローカルタレント

経歴など[編集]

  • 北海道に移住する前は、サラリーマン生活を送りながら全国を釣り行脚していた。
  • 1975年に北海道へ移住、札幌ススキノで本職である居酒屋のマスターを務める傍ら、北海道内で釣りの一種であるキャスティング(投げ釣り)の普及に尽力した。
  • 1996年5月からは札幌テレビ放送(STV)で毎週日曜日夕方に放送された『釣〜りんぐ北海道』に出演(番組内では「ささげ敏夫」と表記)。トレードマーク白ひげ関西弁の親しみやすいキャラクターで「名人」と呼ばれた。日曜日夕方の放送にも関わらず好視聴率をマーク。また本職を生かしての料理コーナーもあった。放送回数も400回を超え、2006年4月には番組10周年を記念したDVDが発売された。さらに2006年1月には、道新スポーツが発行する釣り専門紙「週刊釣り新聞ほっかいどう」の「第5回釣り大賞」を受賞した。
  • 2005年、病気療養のため一時番組出演を中止していたものの、一旦復帰。しかし、入退院を繰り返すようになり、番組DVD発売直前の2006年3月7日午後2時6分(JST)、食道がんのため、入院先の札幌市内の病院で逝去。享年62。
  • 捧の死去により『釣〜りんぐ北海道』は2006年3月19日に放送された1時間拡大版スペシャル番組をもって一旦打ち切り、約10年の歴史に幕を閉じた。番組が捧の番組だったということが打ち切りの大きな理由だが、同年5月14日から放送を再開した。しかし、諸般の事情により2008年3月30日放送分を以って終了することになった(なお、CS放送の「釣りビジョン」でもこの番組の再放送が行われていて、こちらも一旦は終了したが、STVが放送を再開したことに伴って放送が復活した。しかし、今回の放送終了により最終回の放送を以って終了する予定になる模様)。また、2006年3月8日深夜(3月9日未明)にはSTVにて緊急追悼番組も放送された。

関連人物[編集]

  • 工藤準基(札幌テレビアナウンサー、『釣〜りんぐ北海道』で共演していた)
  • 三好りさ(STV契約アナ・レポーター。『釣〜りんぐ』で共演、ささげを師と仰ぎ慕っていた)