捨てコンクリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

捨てコンクリート(捨てコンとも言われる)は、地業後に、基礎や型枠の墨出し、型枠鉄筋の受け台として設けるものである。

地業は必ずしも平坦に施工されているわけではない。鉄筋かぶり厚は建物の耐久性に最も影響を及ぼす要因であるが、捨てコンがないとスペーサが安定せず、部分的に鉄筋かぶり厚が不足する場合がある。厚さは粗骨材寸法が25mmであれば、セメントペーストと分離しないように50mm以上とする。

出典[編集]

  • 山辺豊彦 「ヤマベの木構造」エクスナレッジ、2009年