掖上村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
掖上村
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 編入合併
御所町、掖上村 → 御所町
現在の自治体 御所市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
南葛城郡
総人口 4,355
国勢調査1950年
隣接自治体 奈良県:南葛城郡御所町忍海村葛村高市郡高取町新沢村
掖上村役場
所在地 奈良県南葛城郡掖上村大字東寺田
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

掖上村(わきがみむら)は奈良県北西部、南葛城郡に属していた。現在は御所市の東部。

歴史[編集]

沿革
  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、葛上郡 東寺田村, 柏原村, 原谷村, 玉手村, 茅原村, 南十三村, 本馬村が合併し掖上村が成立。
  • 1896年明治29年)3月29日 - 所属郡を南葛城郡に変更。
  • 1955年昭和30年)2月1日 - 御所町へ編入され消滅。

経済[編集]

農業
『大日本篤農家名鑑』によれば、掖上村の篤農家は「藤井勘左衛門、東静次郎、吉村三次郎、岸田榮、藤井治平、南才次郎、堀越半重郎、吉村彌造、辻井安太郎、堀越軍治、坂本清俊」などである[1]
納税
『資産家一覧表』によれば掖上村の所得税納税者は、「吉田恒信、吉村伊三郎、吉川太一郎、吉川民造、吉田嘉徳、吉川善重郎、吉村三次郎、米田長一郎、巽数馬、藤井益蔵、藤井幸子、藤井治良恵門、藤井源之助、藤井治平、古川藤隆、岸田小次郎、木村富太郎、南才次郎、潮田藤兵衛、潮田藤左右」等である[2]営業税納税者は、「池田吉太郎、阪本清三郎、志茂彌作、藤井源之助、吉川民造、吉村茂恭、池田清造、木村富太郎」等である[2]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

出身人物[編集]

阪本清一郎の父である。
  • 坂本清俊
阪本清一郎の従兄弟である。自主的部落改善運動を柏原や奈良県内で展開した。

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』211頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年6月29日閲覧。
  2. ^ a b 『奈良県資産家一覧表』196-208頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年11月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 梶本好松『奈良県資産家一覧表』奈良県資産家一覧表発行所、1923年。

関連項目[編集]