推理小説 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
刑事・雪平夏見シリーズ > 推理小説 (小説)
推理小説
著者 秦建日子
発行日 2004年12月20日
発行元 河出書房新社
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 296
次作 アンフェアな月
公式サイト 河出書房新社
コード ISBN 4-309-01686-3
テンプレートを表示

推理小説』(すいりしょうせつ)は、秦建日子による日本推理小説

刑事・雪平夏見シリーズ」の第1作であり、2006年にテレビドラマ「アンフェア」の一部としてドラマ化された。

目次

あらすじ

新宿区の公園で、片方の眼球を抉り取られた会社員と女子高生の遺体が見つかった。通り魔か、計画殺人か、捜査一課の意見は割れる。現場からは「アンフェアなのは、誰か」と印刷された栞が発見される。

その後出版社に送られた、事件を予告する小説の原稿。犯人の要求は「事件を防ぎたければ小説の続きを落札せよ」というものだった。

登場人物

警視庁

詳細は「刑事・雪平夏見シリーズ#登場人物」を参照

雪平 夏見(ゆきひら なつみ)
捜査一課で検挙率No.1、うわばみ、無駄に美人、バツイチ。
安藤 一之(あんどう かずゆき)
雪平の相棒。
山路 哲夫(やまじ てつお)
捜査一課長。
小久保(こくぼ)
捜査一課の刑事。
安本(やすもと)
捜査一課の刑事。
沢井(さわい)
捜査一課の刑事。
原口(はらぐち)
科捜研の技官。アニメオタク的風貌。

事件関係者

瀬崎 一郎(せざき いちろう)
神田神保町の出版社・岩崎書房の編集者
栗山 創平(くりやま そうへい)
音羽出版編集者。瀬崎の元同僚で、唯一友人と呼べる存在。
龍居 まどか(たつい まどか)
都立高校3年生。17歳。
鈴木 弘務(すずき ひろむ)
印刷会社営業部長。42歳。
橋野 美樹(はしの みき)
W大学文学部4年生。ミステリ研究会所属。名探偵を意識した「フッフッフ」が口癖。
粕谷 理恵子(かすや りえこ)
W大学文学部4年生。ミステリ研究会所属。「T.H」という人物から不気味なメールを送られる。
田口 和志(たぐち かずし)
W大学文学部7年生。ミステリ研究会所属。芸能人にも知り合いがいて、爽やかで理知的な男性。理恵子の元恋人。2年前から久留米隆一郎のゴーストライターを務めている。
久留米 隆一郎(くるめ りゅういちろう)
ミステリ作家。いつも「復讐」をテーマにした、2時間程度で読み終わることができる作品を次々と出している。岩崎書房が主催する文学賞の選考委員長。
小沢 茉莉(おざわ まり)
久留米の秘書。雪平に匹敵する美貌の持ち主。
平井 唯人(ひらい ただひと)
W大学文学部ミステリ研究会所属。理恵子のことが好きだった。2年前に失踪し、現在行方不明。持込した原稿を瀬崎に酷評されたことがある。

今日は何の日(7月16日

もっと見る

「推理小説_(小説)」のQ&A