揚心古流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
揚心古流
ようしんこりゅう
別名 揚心流、楊心流
戸塚派揚心流、戸塚流、江上流
発生国 日本の旗 日本
発生年 江戸時代
創始者 三浦楊心
中興の祖 江上観柳司馬之助武経
派生流派 神道六合流神道揚心流
主要技術 柔術、殺法、活法、捕縄術乱捕
棒術杖術剣術十手、鎖
  

揚心古流(ようしんこりゅう)は、柔術流派である。戸塚派揚心流(とつかはようしんりゅう)、正式には揚心流または楊心流と言ったが、秋山四郎兵衛の楊心流(揚心流と言う場合があった)と区別するため、揚心古流(楊心古流)と呼ばれた。楊心流と同じく、文書上、楊、揚どちらの字の使用例も見られる。

乱捕を早くから取り入れ、幕末期、江戸を中心にかなりの修行者がいた。明治初期の講道館のライバル流派の一つとして、小説や記録に登場する。

歴史[編集]

流祖は肥前の国長崎漢方医であった三浦楊心である。徳川初代の頃の人とされている。

三浦楊心は、人が病になるのは坐食するからでこれを未然に防ぐために適度の運動をするのがよいという考えから、高弟二人と相談し居捕五行の型を作り上げた。これを試みたところ心身爽快を覚えた。さらに、起合、行合の手型を工夫し、これに習熟したところ健康を保全することができたという。

三浦楊心が没した後、高弟二人が相談し、多年施して効果のあった型を秘すべきではなく、天下に普及し医の本分を盡すべきと一人は楊心流(揚心流)と称し、一人は三浦流と称して人々に教授した。[1]

その後、豊後の人である阿部観柳が楊心流の奥義を窮めて門弟が多かった。楊心流中興の祖とされる江上司馬之介武経(豊後の人、龍造寺山城守三男の江上下総守の末孫)は阿部観柳の甥である。阿部観柳が没した時、名を江上観柳と号し楊心流を継いだ。江上は21歳頃、江戸に来て演武場を芝赤羽根心光院の傍に開設し楊心流を教えた。その門に入るもの千五百有余人に及んだ。寛政七年六月七日に48歳で没した。

江上の弟子である戸塚彦右衛門英澄は、柔術場を芝西久保八幡山下に開いた。門人は九百有余人であった。師の江上観柳が沼津藩で楊心流を教授していたことから、戸塚彦右衛門も沼津藩に出入りし柔術を教授していた。生前は江上流を称したとされる。

別名戸塚派揚心流と呼ばれるのは、江戸時代後期に沼津藩での当流の師範であった戸塚英俊が、講武所柔術師範として活躍したためである。嘉納治五郎とともに最初の柔道範士に選ばれた戸塚英美は戸塚英俊の子である。

明治以降も多くの修行者を擁した。香取神道流の杉野嘉男なども揚心古流を学んでいる。ただし他の古流と同じく、第二次大戦後は著しく修行者が減り、現在の伝承状況は不明である。雑誌『極意』(1997年)に最後の継承者の一人で金谷元朗の弟子、元日立高等学校校長保立謙三のインタビューが掲載されていた。

また、神道六合流には大竹森吉門下の深井子之吉が関わっており、揚心古流の形と乱捕技が取り入れられた。[2]

神道六合流の道場で直接この技術を学んだ椎木敬文が創始した一技道でも揚心古流の形が継承されている。

楊心流との関係[編集]

柔術史の研究家達によると、揚心古流は秋山四郎兵衛の楊心流から出た流派だと言われている。

秋山楊心流、大江千兵衛の弟子の三浦定右衛門三浦楊心が同一人物であるとする説がある。 三浦定右衛門の弟子には手嶋観柳がおり、楊心古流六代目の阿部観柳や七代目の江上観柳と同じ観柳という号であることから何かしらの関係があると考えられる。

技法も楊心流系に見られるしんの位(真之位、心之位)、むとう別(無刀別、無當別)、膳越袖車車劔應太刀抜身ノ目附などがある。

流派の内容[編集]

乱捕を重視し、形稽古の前にまず乱捕で体をほぐしたという。形稽古も、非打ちを入れる、と言って技の効きが不十分なら返し技をかける事がおこなわれていた。この稽古法が発展し乱捕となったと考えられている。

形は双方が立っている起合(たちあい)、お互いが歩いて行き違う際の攻防である行合(ゆきあい)、座った状態から行う居合(いあい)、の三つに大きく分けられる。特に居合は楊心流と同じ名前の形が多い。

他流と同じく、大刀、小刀、手ぬぐい(鎖)などの武器を使用した形や、こちらから攻めて取り押さえる捕手術的技法も多く見られる。殺法(当身)は20本伝えていた。起合の壁副は、明治頃に警視流柔術に採用されている[3]

起合
指捕、手車、合捕(相捕)、袖車、腕捕(腕車)、帯引、衣紋崩、甲廻、臑押、帯車
小裾返、引廻、大殺、松葉殺、小廻、伏鹿、巖石、壁副(壁添)、當曲尺(當兼)、心車
行合
小當、小返、紅葉亂、紋所、外掛、内掛、突附、大當、虎走、瀧落、脇山影、向山蔭、後山影
劔位(劔之位)、浦風、龍飛前、關留、電光、引廻、小膝廻、後廻(後篇)、磯ノ浪、小車、突身、下リ藤
居合
心之位、無刀別(無當別)、袖車、膳越、車劔、抜身ノ目附、應太刀、釣固、甲廻、打込
猿猴、大堅、貫、玉霞、関留、樊噲、樊噲搦、突子、刀縛、小車、龍虎[4]
見分形五本    口伝之事
高上手形七本   中免許口伝之事
殺法廿本(当身) 免許口傳之事
活法八本     免許口傳之事[5]

系譜[編集]

阿部観柳武貞は流祖の三浦楊心の直門ではなく楊心流六代目であるとされている。

三浦楊心から阿部観柳までの系譜は解明されていない。

史跡[編集]

  • 千葉県指定史跡、戸塚英俊と戸塚英美の墓(浄土宗光明山胤重寺)
  • 江上司馬之助武経の墓(妙善寺)
  • 今田七郎正儀の墓 (多磨霊園)
  • 千葉縣巡査鈴木清助殉職碑 (千葉県千葉市若葉区西都賀2丁目、夫婦坂)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本武道流祖伝』
  2. ^ 『奥秘虎之巻』深井子之吉が戸塚派を基に作り上げた技術を取り入れている。
  3. ^ 柔術練習図解』、行連レ右壁副
  4. ^ 『日本武道流祖伝』
  5. ^ 藤原 稜三『格闘技の歴史』
  6. ^ (1748~1795)、妙善寺に墓がある。
  7. ^ 現今日本名家列伝p525、526
  8. ^ 維新日乗纂輯. 第3  p306
  9. ^ 千葉県印旛郡誌: 後編, 第3巻』p38
  10. ^ 警察監獄學會発兌『警察監獄學會雑誌 第一巻第七號』p29 「鈴木清助氏の履歴」

参考文献[編集]

  • 「講道館〃最大のライバル〃戸塚派楊心流の実像を求めて」,『月刊空手道別冊 極意』1997年春号, p.22-26 福昌堂
  • 「水戸第三高校"やわら"クラブの技法」、『月刊秘伝』2016年12月号
  • 川内鉄三郎『日本武道流祖伝』日本古武道振興会
  • 藤原稜三『格闘技の歴史』ベースボールマガジン社、1990年
  • 林寿祐 編 『房総の偉人』多田屋支店、大正14、p121 
  • 吉岡精一郎『天源淘宮術講義』松成堂、明45年2月、p36
  • 静岡県駿東郡 編『静岡県駿東郡誌』静岡県駿東郡、1917年、p1149
  • 岩崎英重 編『維新日乗纂輯. 第3』日本史籍協会、大正14-15、p306
  • 内田良平『武道極意』  p449
  • 每日通信社「練武館 深井子之吉」『東京社会辞彙』1987年 湘南堂書店 
  • 深井子之吉『奥秘虎之巻』帝國尚武會
  • 深井子之吉『奥秘龍之巻』帝國尚武會
  • 帝國尚武會 編『特科虎之巻』
  • 『類聚伝記大日本史, 第16巻』
  • 『東洋文化』東洋文化學會, 1967年
  • 伊藤一男『続北米百年桜』北米百年桜実行委員会
  • 『佐倉市史, 第 1 巻』
  • 加藤寬『武道 (日本史小百科)』 東京堂出版 p178
  • 『史談会速記録』 1916年 第281~300号
  • 『明治人名辞典第2巻』
  • 『史料明治武道史』 新人物往来社, 1971 p725
  • 『岡山市史 学術体育編』 1964年 p226
  • 今村嘉雄[ほか]編『日本武道大系』同朋舎出版 1982.6
  • 名古屋市史 第2巻』p64
  • 大日本人名辞書刊行会 編『大日本人名辞書. 下卷』大日本人名辞書刊行会 1926年、p1800
  • 沼津市史編さん委員会、沼津市教育委員会 編『沼津市史史料編近世第1巻』
  • 警察監獄學會発兌『警察監獄學會雑誌 第一巻第七號』 p29

関連項目[編集]