携帯彼氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

携帯彼氏』(けいたいかれし)は、kagenによる日本ケータイ小説、およびそれを原作とした映画

概要[編集]

携帯Webサイト・「魔法のiらんど」に掲載されて約180万人の読者を記録している[1]。2008年2月27日に書籍化された。

本編および続編の『携帯彼女』『携帯彼氏+(プラス)』『携帯彼女+(プラス)』が映像化されている。これを原作とした携帯電話ゲーム『携帯彼氏2』もMobageGREEで提供されていた。

あらすじ[編集]

主人公・里美の友人が謎の怪死を遂げる。友人の死の真相を探るために里美は、事件の原因と目される恋愛シミュレーションゲーム「携帯彼氏」を携帯サイトからダウンロードする。そこには事故で亡くなった里美の恋人で、とある事件の容疑者となっている直人に似たキャラクターがいた。怪奇現象に奮闘する里美は、怪死事件の真実へ近づいていく。

登場人物[編集]

刊行情報[編集]

  • 「携帯彼氏 上」、Kagen著、主婦の友社、2008年2月発売、ISBN 9784072610251
  • 「携帯彼氏 下」、Kagen著、主婦の友社、2008年2月発売、ISBN 9784072610312
  • 「携帯彼氏」、Kagen著、漣ライカ画、双葉社、2009年10月17日発売、ISBN 9784575333985 - コミック版

映画[編集]

携帯彼氏
監督 船曳真珠
脚本 柴田一成
原作 Kagen
出演者 川島海荷
朝倉あき
石黒英雄
音楽 長嶌寛幸
主題歌 弓木英梨乃
撮影 橋本彩子
製作会社 「携帯彼氏」フィルム・パートナーズ
配給 GONZO・シナジー
公開 2009年10月24日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2009年10月24日公開。配給はGONZO=シナジー。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ソフト化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 川島海荷が携帯小説の映画化で初ヒロイン”. 日刊スポーツ (2009年2月23日). 2009年2月23日閲覧。