摂津鉄道1号形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

1号形は、摂津鉄道が蒸気鉄道への転換時に導入した、タンク式蒸気機関車である。なお、この呼称は、同社では機関車に形式称号を付与していなかったため、便宜的に付したものである。

概要[編集]

1893年(明治26年)の摂津鉄道の蒸気鉄道への転換用に、スイススイス・ロコモティブ・アンド・マシン・ワークス(SLM)で4両を製造(製造番号 834 - 837)した、軌間762mm、外側式台枠車軸配置0-6-0(C。軸距は1,100mm+1,000mm)、運転整備重量8.6t、2気筒単式の飽和式ウェルタンク機関車である。摂津鉄道では、製造番号順に、1 - 4と付番した。

弁装置は、クルーク式と呼ばれるジョイ式と同様のラジアルギア方式の一種で、日本では非常に珍しい方式である。主連棒の大端は、上方少し前にずらして取り付けられていた。また、主動輪は第2動輪であり、そのせいかシリンダーは1/6という急角度で高位置に設置されている。蒸気ドームは円筒形で、天板はネジ止めされており、平らな頂部には安全弁が設けられている。砂箱は蒸気ドームの後部に箱型のものが設けられた。

摂津鉄道は、1897年(明治30年)2月に阪鶴鉄道に譲渡され、本形式はそのまま阪鶴鉄道に籍を移した。旧摂津鉄道の鉄道路線のうち、本線部分は1897年(明治30年)12月に軌間1,067mmに改軌され、さらに翌1898年(明治31年)6月に残りの支線部分は軌間762mmのまま、孤立区間となった。この時点で本形式の運用は2両で十分となり、あとの2両は他社に譲渡されたと思われる。1901年(明治34年)、支線部分も東海道本線との立体交差化工事、及び改軌のために休止された。これにより阪鶴鉄道に残っていた本形式2両も運用を終了し、他社に譲渡されたと思われる。この結果本形式は、1897年に譲渡された2両と1901年に譲渡された2両で、別の運命を辿ることになったようである。

本形式のうち3, 4(製造番号 836, 837)は、長崎県の関西採炭松浦炭坑に譲渡され、番号もそのまま使用された。松浦炭坑は、その後所有者を転々としたが、1930年ごろには岡本彦馬の所有となり、その専用鉄道1933年(昭和8年)8月16日付けで佐世保鉄道に買収されて同社の世知原線となり、本形式も同社の籍を得ることになった。ただし、佐世保鉄道籍となったのは4のみで、佐世保鉄道では、14と称した。もう1両の3は、それまでの間に事故で破損し、廃車となったらしい。しかし、その3の運転室部分は、ボールドウィン製の車軸配置0-6-0タンク機(後の佐世保鉄道13→鉄道省ケ600)に移植されている。

1936年(昭和11年)10月、佐世保鉄道が国有化されたため、本機は鉄道省に籍を移し、ケ215形ケ215)と改番された。用途は、国有化前から世知原駅での入換で、1938年(昭和13年)にケ600が廃車になると、その代機として臼ノ浦駅に移転した。しかし、1939年(昭和14年)には東唐津に転属し、据え置きボイラー代用とされた。廃車は1944年(昭和19年)5月で、処分は解体であった。

なお、阪鶴鉄道1, 2については、何処かに譲渡されたものと思われるが、その行方は判明していない。

主要諸元[編集]

  • 全長:4,790mm
  • 全高:2,800mm
  • 軌間:762mm
  • 車軸配置:0-6-0(C)
  • 動輪直径:600mm
  • 弁装置:クルーク式
  • シリンダー(直径×行程):180mm×300mm
  • ボイラー圧力:12.0kg/cm2
  • 火格子面積:0.28m2
  • 全伝熱面積:16.7m2
  • 機関車運転整備重量:8.6t
  • 機関車動輪上重量(運転整備時):8.6t
  • 水タンク容量:0.65m3
  • 燃料積載量:0.40t
  • 機関車性能
    • シリンダ引張力:1,650kg
  • ブレーキ方式:手ブレーキ

参考文献[編集]

  • 臼井茂信「機関車の系譜図 2」1973年、交友社
  • 臼井茂信「国鉄狭軌軽便線 23」鉄道ファン 1985年9月号(No.293)、交友社刊
  • 金田茂裕「国鉄軽便線の機関車」1987年、機関車史研究会刊
  • 金田茂裕「SLMの機関車 A.ボルジッヒの機関車」1993年、機関車史研究会刊