摩周岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
摩周岳 (カムイヌプリ)
Mt Kamuinupri.JPG
北北東から望む 裏摩周展望台より
標高 857 m
所在地 日本の旗 日本
北海道川上郡弟子屈町
位置 北緯43度34分20秒
東経144度33分39秒
座標: 北緯43度34分20秒 東経144度33分39秒
種類 複成火山[1]
最新噴火 4,000年前以降[1]
摩周岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

摩周岳(ましゅうだけ)は、北海道釧路総合振興局弟子屈町にある標高857mカルデラ湖である摩周湖の外輪山の最高峰で湖面標高は502m。

概要[編集]

神秘的な摩周湖と共にカムイヌプリ「神の山」[2]として奉られてきた。
アイヌ語のマシウには諸説があるが、「鍋のような湖に影が泳ぐように見える」[3]を意味する。

摩周岳は摩周火山を構成する火山の一つで大きな火口を持ち、摩周カルデラが形成された後の火山活動で形成された[1]。最新の活動は約4,000年前以降[1]

第一展望台からは垂直近くに切り立った火口壁を望見できる。山頂から火口底(海抜375m[4])までの落差は482mに及ぶ。

カムイヌプリ(摩周岳)の火口と摩周湖の空中写真。画像左の湖中にカムイシュ島が見える。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。1977年撮影の2枚を合成作成。
衛星からの摩周カルデラと摩周岳火口(1999年)


摩周湖第一展望台からの摩周岳
摩周岳山頂から南東に西別岳を望む、西別岳は摩周火山の先カルデラ火山[1]

登山ルート[編集]

第一展望台から南側の外輪山を半周近く経由して、西別岳の分岐より急峻な摩周岳の火口壁を辿って頂上[3][4]に至る。

近隣の山[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本の火山: 摩周 - 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  2. ^ 『山溪カラー名鑑 日本の山1000』山と溪谷社、1992年
  3. ^ a b 梅沢俊、菅原靖彦『北海道夏山ガイド6 道東・道北・増毛の山々』北海道新聞社、1993年
  4. ^ a b Jマップシリーズ50『阿寒岳・摩周湖』DGSコンピュータ社、2005年

関連項目[編集]