摩耶 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
摩耶
竣工当時の摩耶
竣工当時の摩耶
基本情報
建造所 神戸川崎造船所
運用者  大日本帝国海軍
艦種 重巡洋艦
級名 高雄型重巡洋艦
艦歴
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1928年12月4日
進水 1930年11月8日
就役 1932年6月30日
最期 1944年10月23日沈没
北緯09度27分 東経117度23分 / 北緯9.450度 東経117.383度 / 9.450; 117.383
除籍 1944年 12月20日
要目(新造時→最終改装時)
基準排水量 9,850トン→13,350トン
公試排水量 12,781トン→15,159トン
全長 203.76 m
最大幅 19.00 m → 20.72 m
吃水 6.11 m → 6.44 m
主缶 ロ号艦本式缶12基
主機 艦本式タービン4基4軸
出力 130,000馬力
速力 35.5ノット→34.6ノット
航続距離 14ノットで8,000海里
→18ノットで5,000海里
乗員 760名[1]→996名
兵装 竣工時:
最終改装時:
  • 20.3cm連装砲4基8門
  • 12.7cm連装高角砲6基12門
  • 25mm3連装機銃13基39挺
  • 同単装9挺
  • 13mm単装機銃36挺
  • 61cm4連装魚雷発射管4基16門
装甲 舷側:127mm
水平:34-46mm
砲塔:25mm
搭載機 搭載数3機(射出機2基)
テンプレートを表示

摩耶(まや)は、日本海軍重巡洋艦一等巡洋艦(重巡洋艦)高雄型の4番艦である[2][3][4]川崎造船所(現在の川崎重工業)神戸造船所にて起工[5]。その艦名は、兵庫県神戸市にある摩耶山にちなんで命名された[6]レイテ沖海戦で米潜水艦の雷撃により沈没した。

建造経緯[編集]

妙高型重巡洋艦を完成させた日本海軍は、ワシントン海軍軍縮条約で制限されている主力艦を補うため、更なる重巡洋艦の建造に着手する。藤本喜久雄造船官の設計の元、高雄型の3番艦[2]として起工されたのが摩耶であった。なお当時、経済恐慌の影響で川崎造船所が破産寸前であり、建艦体制維持の観点から海軍が介入、摩耶の発注が行なわれた[7]。これにより起工が遅れてしまったとされている。

1928年(昭和3年)9月11日、建造予定の一等巡洋艦1隻、砲艦2隻、駆逐艦2隻に、それぞれ摩耶[8]二等砲艦熱海型熱海」と二見[9]一等駆逐艦吹雪型天霧朝霧の艦名が与えられた[9]。 一等巡洋艦摩耶は同年12月4日神戸川崎造船所で起工し[10]1930年(昭和5年)11月8日、3万人の群集が見守るなかで進水[11]1932年(昭和7年)6月30日竣工した[10]。高雄型重巡洋艦の50口径三年式二号二〇センチ砲は仰角70度で対空射撃が可能だったが、摩耶のみ妙高型と同じ55度であった[12]1932年(昭和7年)6月30日竣工[5]。姉妹艦鳥海も同じ日に竣工している[5]。高雄型重巡4隻は第二艦隊・第四戦隊を形成し、横須賀を母港とした[13]

改装[編集]

3番砲塔撤去後の摩耶。1944年5月、フィリピン・タウイタウイで訓練中。

高雄型重巡3番艦・4番艦の鳥海、摩耶は近代化改装と復原性能改善工事着手前に太平洋戦争を迎えた[14]。工期4ヶ月の時間を確保することができず、2隻は近代化改装工事を実施しないまま第一線で活動していた[14]。だが、摩耶は1943年(昭和18年)11月5日のラバウル空襲で大破、その損傷修理の際に近代化改装と対空能力強化を同時に実施した[14]。具体的には、3番主砲塔を撤去して40口径12.7cm連装高角砲を2基増設する改造を行った[14]。既設の12cm単装高角砲も撤去し、12.7cm連装高角砲と交換、12.7cm連装高角砲は計6基12門(副砲撤去前の大和型戦艦と同数)となった。13mm機銃4挺を撤去したかわりに3番砲跡に機銃台を設け25mm機銃を設置するなど、25mm3連装機銃13基、同単装9挺、13mm単装機銃36挺と対空機銃も大幅に増強された[14]

この時同時に、魚雷発射管も改装前の2連装4基から4連装発射管4基と増強された[14]。電探(レーダー)も21号1基、22号2基、13号1基が装備された。これらの排水量増加による復元性悪化を考慮してバルジが装着されている[14]。あ号作戦(マリアナ沖海戦)以後に機銃は更に増備され、25mm機銃の総計は66挺に達したと言われている。なお機銃増備などによって乗員も増加し、開戦時は921名だったが改装後は996名となり、最終的には1,000名に達した。

艦歴[編集]

南方作戦[編集]

就役後の1932年(昭和7年)9月、海州沖に進出して封鎖作戦に参加する。9月23日、摩耶の九五式水上偵察機(阿部航空兵曹長、桜沢三等空曹)が対空砲火で撃墜された[15]1937年(昭和12年)7月7日の日中戦争では、第二遣支艦隊(支那方面艦隊・南支監視部隊)の旗艦として、海南島攻略作戦に参加[16]。この頃、同型艦愛宕高雄は艦橋の縮小やマスト移設、飛行甲板設置などの改装を行っているが、摩耶と鳥海はその機会を日米開戦によって失った。

1941年(昭和16年)12月2日、摩耶は馬公泊地に入港し、開戦に備えた[17]。太平洋戦争緒戦で摩耶は第十六戦隊(軽巡洋艦長良を除く)や、特設水上機母艦讃岐丸、駆逐艦2隻と共に比島部隊主隊としてフィリピン進攻作戦に参加した[18]。主隊の任務はフィリピンのビガン攻略を行なう第二急襲隊の支援であった[19]。讃岐丸を除く主隊の摩耶、重巡洋艦足柄、軽巡洋艦球磨、駆逐艦朝風松風は12月7日に澎湖諸島馬公から出撃[20]。12月10日、主隊はアメリカ海軍第10哨戒航空団のPBYに発見され、続いて哨戒航空団の飛行艇(500ポンド爆弾4発搭載)5機による攻撃を受けたが命中弾はなかった[21]。この後、主隊は碣石湾を経て12月14日に馬公に帰投した[20]

12月17日、主隊からは駆逐艦2隻が抜け特設水上機母艦山陽丸が加わった[22]。足柄、摩耶と球磨は12月19日に馬公から出撃してリンガエン湾上陸作戦支援にあたり、12月23日に馬公に帰投した[23]

12月23日に南方部隊の東方支援隊が戦艦榛名、第六駆逐隊第一小隊で編成され、12月25日に摩耶も東方支援隊に編入された[24]

1942年(昭和17年)には1月から3月までオランダ領東インド諸島の油田地域を占領する蘭印作戦に参加した。1月8日、パラオに入港、17-18日、戦艦金剛、第四戦隊(愛宕、高雄)、第二航空戦隊(空母飛龍蒼龍)等と合流し、戦艦2隻、空母2隻、重巡洋艦3隻、駆逐艦10隻、タンカー国洋丸、帝王丸が揃った[25]。摩耶は南方部隊母艦航空部隊に編入され、二航戦(蒼龍、飛龍)、第7駆逐隊()、第27駆逐隊(時雨白露有明夕暮)、補給部隊と共に21日パラオを出港した[26]。23日、アンボン島アンボン空襲を支援し、26日ダバオを経て、28日パラオに帰投した[27]

2月10日、摩耶は第二航空戦隊と共に南雲機動部隊に編入され、ポートダーウィン空襲を支援する[28]セレベス島スターリング湾で南雲機動部隊から南方部隊本隊に復帰、引き続き南方作戦に従事した[29]。2月25日、近藤中将(愛宕に座乗)は南方部隊本隊(第四戦隊《愛宕、高雄、摩耶》、第4駆逐隊第1小隊《嵐、野分》)を率いて南雲機動部隊と共に同湾を出撃、その後は機動部隊と分離してオンバイ海峡へ向かった[30]。26日、第15駆逐隊の駆逐艦早潮と合流[29]。3月1日、南方部隊本隊はジャワ島南部チラチャップ南方70浬附近に進出し、以後ジャワ島の南を遊弋した[29][31]。同日、南方部隊本隊は商船4隻を撃沈、1隻を炎上させ、1隻を拿捕した[29]。3月2日夕刻、二十三航戦から[要出典]『軽巡1隻、駆逐艦2隻発見』の報告を受けて近藤長官は愛宕、高雄を敵軽巡に、摩耶、嵐、野分を敵駆逐艦にふりわけた[31]。愛宕、高雄は米駆逐艦ピルスバリーを撃沈(当時は米軽巡マーブルヘッドと誤認)。摩耶、嵐、野分はイギリス軍のアドミラルティS級駆逐艦ストロングホールド」を発見し、これを撃沈した[31]。だが主砲635発を消費し、主砲の爆風で3機の艦載機は全て破壊された[要出典]。「ストロングホールド」の生存者は50名が日本軍に拿捕されていたオランダ船に3月3日に救助され、それから「摩耶」に移された[32]。3月4日、南方部隊本隊はチラチャップの170度280海里付近に進出し、スループ「ヤラ」、depot ship「Anking」、掃海艇「MMS.51」、タンカー「フランコル」からなる船団を攻撃して全滅させた[33]。南方部隊本隊は3月7日にスターリング湾へ帰投した[31]。11日、摩耶、高雄は第27駆逐隊(有明、夕暮)と共に同湾を出発[34]モルッカ海峡を通過して南太平洋に出たが、燃料の観点から駆逐艦2隻(有明、夕暮)は重巡2隻(高雄、摩耶)と分離する[35]。その後、横須賀へ向かい3月18日に帰港した[36]。摩耶は入渠して修理・整備をおこなった。

4月18日ドーリットル隊のB-25ミッチェル爆撃機によるドーリットル日本本土空襲を、本艦は三河湾西浦沖で迎えた[37]。直ちに出撃し、深夜、観音崎沖で近藤長官指揮下の第二艦隊主力部隊と合流する。前進部隊(愛宕、高雄、摩耶、妙高、羽黒、祥鳳)等でアメリカ機動部隊を追撃するが、ウィリアム・ハルゼー提督指揮する第38任務部隊の米空母2隻(ホーネット、エンタープライズ)は既に避退した後だった[38]。だが5月1日深夜、水上機母艦瑞穂が米潜水艦ドラム (USS Drum, SS-228) の雷撃で航行不能となった[39]。重巡2隻(摩耶、高雄)は現場に急行し[40]、沈没する瑞穂から乗組員を救助した[39]。瑞穂生存者を横須賀で下したのち、摩耶、高雄は第6駆逐隊(響、暁、雷)と共に呉へ帰投した[41]

5月20日、第四航空戦隊(司令官角田覚治少将:空母龍驤隼鷹)、第四戦隊第2小隊(摩耶、高雄)、第一水雷戦隊(旗艦阿武隈、第6駆逐隊《響、暁、雷、電》、第21駆逐隊《若葉、初霜、子日、初春》、第7駆逐隊《潮、曙、漣》)は北方部隊(旗艦那智)に編入された[42]。摩耶は第二機動部隊に属し、四航戦(龍驤、隼鷹)、重巡2隻(摩耶、高雄)、駆逐艦3隻(曙、漣、潮)、補給船帝洋丸と行動を共にした[43][44]。5月22日呉を出撃、5月26日大湊を出港[45]ミッドウェー海戦と並行して行われたアリューシャン列島侵攻作戦に参加した[46]。この戦いで北方部隊はアッツ島キスカ島を占領している。6月24日、大湊に帰港した[47]

戦争中期[編集]

8月7日、アメリカ軍はウォッチタワー作戦を発動し、ガダルカナル島ツラギ島を急襲して占領した。11日、第四戦隊(愛宕、高雄、摩耶)、戦艦陸奥、第四水雷戦隊(軽巡由良、第9駆逐隊《朝雲峯雲夏雲》、第27駆逐隊《時雨、白露、有明、夕暮》等)は呉を出港してトラック島泊地へ進出、ガダルカナル島の戦いに加わった[48]。24日、第二次ソロモン海戦に前進部隊として参加する。摩耶は前日に行方不明になっていた由良偵察機を収容[49]。その後にアメリカ軍艦載機20機の空襲を受けるが、摩耶に損害はなかったものの[50]、同航していた水上機母艦千歳が損傷を受けた。 9月9日、索敵のため第四戦隊(愛宕、高雄、摩耶)、第五戦隊(妙高、羽黒)、第八戦隊(利根、筑摩)、第四水雷戦隊(由良等)と共にトラック泊地を出撃[51]。13日には第三戦隊(金剛榛名)と合流する[52]。14日、ガダルカナル北東200浬の地点で前進部隊はB-17爆撃機の空襲を受け、妙高は戦死者2名を出した[53]。特に戦果もないまま、各艦は23日にトラック泊地へ帰港した[54]。 10月15日夜、第五戦隊の重巡洋艦妙高第二水雷戦隊(軽巡五十鈴、第31駆逐隊《高波巻波長波》、第24駆逐隊《海風江風涼風》)と共にガダルカナル島ヘンダーソン基地艦砲射撃作戦に参加し[55]、砲撃に成功[56]。妙高は20cm主砲463発、摩耶は450発を発射した[57]。10月26日、南太平洋海戦に参加。近藤信竹中将の前衛艦隊に所属して敗走する米機動部隊を追撃し、大破した米空母ホーネット(USS Hornet, CV-8) を捕捉し、ホーネットの撃沈に貢献した。30日、トラックに帰港した。

11月、摩耶は外南洋部隊支援隊に編入され、5日、ショートランド諸島(ショートランド泊地)に進出する[58]。12日、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場砲撃に向かった第十一戦隊(戦艦比叡霧島)以下挺身攻撃隊(挺身艦隊)が米巡洋艦部隊(指揮官ダニエル・J・キャラハン少将)と遭遇し、第三次ソロモン海戦が勃発した。12日-13日、日本海軍は比叡、駆逐艦2隻(夕立、暁)を喪失してしまう。これを受けて連合艦隊(司令長官山本五十六大将)は外南洋部隊支援隊指揮官西村祥治第七戦隊司令官にヘンダーソン飛行場砲撃を命じた。11月13日午前5時40分、七戦隊司令官西村少将が率いる重巡2隻(鈴谷、摩耶)、軽巡天龍、駆逐艦4隻(夕雲巻雲風雲朝潮)はショートランド泊地を出撃[59]。同日深夜にガダルカナル島海域へ突入し、重巡2隻(鈴谷、摩耶)は飛行場砲撃を敢行、警戒部隊(天龍、夕雲、巻雲、風雲、朝潮)はアメリカ軍魚雷艇から重巡2隻を護衛した[60]。 14日、戦場からの離脱中にアメリカ軍の空襲を受け、重巡衣笠が沈没し、重巡鳥海、軽巡五十鈴も被弾した。午前11時頃、F4Fワイルドキャットが摩耶の左舷高角砲甲板に体当たりし火災が発生したとする[61] アメリカ軍の記録によれば、空母エンタープライズから発進したSBDドーントレス急降下爆撃機2機(フーガーヴァーフ少尉機、ハローラン少尉機)は、日本艦隊の全貌を見ていた[62]。炎上した衣笠の周囲に2隻の駆逐艦がおり、軽巡洋艦1隻と駆逐艦1隻が衣笠の15km西、重巡洋艦1隻と駆逐艦1隻が衣笠の20km南西を西に向かっていた[63]。フーガーヴァーフ少尉機は重巡洋艦を爆撃したが至近弾となった[63]。ハローラン少尉機は行方不明となり、フーガーヴァーフ少尉機は1隻の巡洋艦から激しい煙が上がるのを目撃した[63]。 本戦闘により魚雷16本を投棄し、沈没を免れるも38名が戦死、47名が負傷している[64]。応急修理の後、トラック泊地に帰投。戦艦大和の傍では、一万トン級重巡洋艦の摩耶とは親子ほどの違いがあったという[65]1943年(昭和18年)1月5日に日本へ戻った[66]

摩耶は北方部隊に編入されたのち、2月26日幌筵に入港した[67]。3月、アリューシャン方面に進出。アッツ、キスカ両島への輸送船団を護衛した。3月27日、第五艦隊司令長官細萱戊子郎中将指揮の元、重巡2隻(那智、摩耶)、軽巡洋艦2隻(多摩阿武隈)、駆逐艦4隻(第21駆逐隊《若葉初霜》、第6駆逐隊《》)と共にアメリカ艦隊(指揮官チャールズ・マクモリス少将:重巡1、軽巡1、駆逐艦4)と交戦した(アッツ島沖海戦)。摩耶は接近するアメリカ巡洋艦と遠ざかるアメリカ巡洋艦を取り違えた上に[68]、高角砲のためのデータを主砲砲術長に送り、さらに残弾があったにも関わらず全弾撃ち尽くしたと勘違いするという失態を犯した[69]。主砲弾904発、魚雷8本を消耗したが、アメリカ艦隊の追撃に失敗した[70]。7月のキスカ島撤退作戦には、燃料消費の観点から参加していない。8月に横須賀に帰港し、9月15日、南方戦線に向かった。

1943年(昭和18年)11月上旬、『ろ号作戦ブーゲンビル島沖航空戦)』に呼応してブーゲンビル島上陸作戦を支援するため、第二艦隊司令長官栗田健男中将(旗艦「愛宕」)が指揮する第二艦隊の重巡洋艦7隻(愛宕高雄鳥海、摩耶、鈴谷最上筑摩)、軽巡洋艦1隻(能代)、駆逐艦4隻(玉波、涼波、藤波、早波)からなる艦隊はラバウルに入港した[71]。5日、第38任務部隊(米空母サラトガプリンストン基幹)によるラバウル空襲に遭遇した。9時30分、摩耶のカタパルト付近に被弾、左舷機関室が損傷し、火災も発生した[72]。五番砲塔の弾庫では機械室の火災のため温度が上昇し、注水処置がとられた[73]。機関部員が艦上部に脱出するなど[74]、一時は艦放棄の可能性もあったが、辛うじて免れることができた[75]。摩耶では戦死70名、負傷者60名を出した[76]。他艦がトラックへ引き揚げるなか、摩耶は航行不能のためトラックに残った[77]。烹炊所が爆撃で破壊されたため、主計科は後甲板に行軍釜を据え付けて乗組員に食事を提供している[78]。ラバウルでは連日摩耶を狙って空襲があり、陸上部隊からは「出港を急げ」と催促されたという[77]。 応急修理の結果一軸運転可能となり、11月11日にラバウルを出発[79]。12ノットくらいで進み、13日には潜水艦から雷撃されたが回避した[77]。摩耶及び潜水母艦長鯨は、第二水雷戦隊と第十戦隊の合同部隊(能代、早波、藤波、五月雨、風雲、若月)に護衛されていた[80]。12日、軽巡阿賀野が米潜水艦スキャンプの雷撃で航行不能となった[81]。第二水雷戦隊(能代藤波早波)は摩耶護衛を中断し、第十戦隊(阿賀野、浦風)の救援に向かった[81]。11月14日、摩耶、長鯨、護衛駆逐艦(五月雨風雲若月)はトラックに帰港する。15日、杉山六蔵艦政本部長は損傷各艦を視察し、摩耶の横須賀回航と大修理が決定した[79]。工作艦明石の協力下、トラック在泊中の第一戦隊、第二戦隊、第三戦隊、第四戦隊各艦は工作兵を摩耶に派遣し、応急修理は25日に終わった[79]

11月30日、瑞鳳の艦長が指揮する空母3隻(瑞鳳雲鷹冲鷹)、重巡摩耶、第7駆逐隊(曙、漣)、第17駆逐隊浦風はトラックを出発して内地へ向かうが[82][83]、航海中に冲鷹が米潜セイルフィッシュの雷撃で撃沈された[79]。駆逐艦2隻(浦風、漣)は艦隊から分離して冲鷹生存者を救助した[83]。12月4日、摩耶は横須賀に帰投する[84]。その後、修理と共に三番砲塔を撤去して四〇口径八九式十二糎七高角砲2基を増設するなど、対空兵装強化の改装を受けた(上述参照)。改造は1944年(昭和19年)4月9日に完了した[14]

1944年4月22日、摩耶と戦艦大和は駆逐艦島風早霜雪風山雲に護衛され瀬戸内海を出撃した[85]。山雲は豊後水道通過後に護衛をやめ[86]平郡島へ戻り[87]、同様に早霜は横須賀に向かう[88]。大和隊は4月26日マニラ着、29日出発[89][90]。5月1日にリンガ泊地に進出[91][92]。14日、タウイタウイ泊地へ前進した。6月19-20日のマリアナ沖海戦に栗田中将指揮する第二艦隊(前衛部隊、旗艦《愛宕》)に所属して参加する。6月20日17時30分、右舷至近弾により若干の被害を受け、また左舷への至近弾で舷側バルジに浸水し2度傾斜した[93]。16名が戦死し、40名が負傷[94]。横須賀に戻り、損傷修理と並行して出火対策と対空装備の強化が行われた(上述参照)[95]。7月16日出港、リンガ泊地に進出した。

摩耶の最期[編集]

1944年(昭和19年)10月、第四戦隊(愛宕、高雄、鳥海、摩耶)はレイテ沖海戦に参加、栗田中将は引き続き愛宕を旗艦としていた[96]。摩耶は第一遊撃部隊(通称栗田艦隊)の一艦として22日午前8時、ブルネイを出港した[97]。しかし23日午前6時30分前後、パラワン水道にて米ガトー級潜水艦ダーター (USS Darter, SS-227) とデイス (USS Dace, SS-247) の2隻が栗田艦隊を襲撃した[98]。まずダーターが雷撃をおこない愛宕が轟沈、高雄も航行不能となった(高雄は駆逐艦2隻《長波朝霜》に護衛され撤退)[98]。旗艦愛宕の沈没により栗田艦隊が混乱する中、つづいてデイスが摩耶に対し雷撃をおこなった。デイスは摩耶を戦艦だと誤認していた[99]。魚雷航跡を発見し、回避運動をとるも間に合わなかったという[96]。6時57分、摩耶の左舷に魚雷4本が命中した(艦首錨鎖倉庫、一番砲塔、七番缶室、後部機械室附近[100]。摩耶は左舷に大傾斜し艦首から海没をはじめ[101]、7時5分に沈没した[102]。沈没地点北緯09度27分 東経117度23分 / 北緯9.450度 東経117.383度 / 9.450; 117.383。第一戦隊司令官宇垣纏中将(大和座乗)は当時の状況について、このように記述している[98]

敵潜僚艦の存在あれば過度に避退するも亦危險を伴ふ。のみならず、先任指揮官として過度の離隔も視界の關係上出來ず。5Sの轉舵後1D/1Sも取舵に從陣となる。此の時右斜め前の4S四番艦摩耶爆發、水煙爆煙の消へたる跡にはほとんど影なし。同艦左前一五〇〇米に發射源を認む。大和が今少し何れにかより居りたらんには當然三四本を見舞はれたる處なり。 — 宇垣纒、戦藻録(昭和十九年十月廿三日)

大江艦長以下336名が戦死した[103]。この中には、東郷平八郎元帥の孫、東郷良一中尉も含まれていた[104]。副長以下769名(士官47名、下士官兵722名)が駆逐艦秋霜[105]に救助され、午後4時前後に大和型戦艦武蔵に横付、摩耶の乗組員を移乗させた[106][107]。武蔵主計長は永末英一摩耶主計長に「本艦は絶対に沈まないから安心せよ」と梅酒をすすめたという[108]。摩耶航海長も武蔵運用長から同様の話を聞いている[109]

翌10月24日、栗田艦隊はアメリカ機動部隊艦載機に襲撃され、武蔵は集中攻撃を受けて航行不能となった[110]。摩耶の生存者は自発的に戦闘配置に就き[111]、また武蔵艦橋への命中弾で作戦室にいた摩耶副長・軍医を含む摩耶士官多数が死傷するなど[112][113]、計117名が戦死した[103]。午後6時30分、武蔵の舷後部に横付けした島風型駆逐艦島風に摩耶乗組員607名と連合艦隊司令部附法務士官4名が移乗したが、武蔵の応急修理作業に従事すべく摩耶士官4名・下士官兵41名が武蔵に残留した[114][115]。午後7時40分、島風・摩耶乗組員は武蔵沈没時の火柱を目撃した[116]。 翌日以降の戦闘においても摩耶乗組員は島風の水上・対空戦闘に参加し[117]、5名が戦死、8名が戦傷[103]。10月26日午後10時、島風はコロン島(コロン湾)に到着した[118]。最終的な戦死者は470名だった[119]。その後、摩耶の生存者は日本へ帰投する隼鷹輸送部隊(空母隼鷹、重巡利根、駆逐艦《卯月夕月時雨》)のうち利根に便乗して日本本土へ向かった[109]

12月20日、摩耶は帝国軍艦籍より除籍された[120]

沈没船[編集]

2019年4月19日、マイクロソフトの共同創業者ポール・アレンが所有する調査船ペトレルによって、フィリピン最西端のパラワン島沖の水深1850mで沈没した摩耶が発見された[121][122]。そして2019年7月に主砲や機銃などが綺麗に残されたまま、発見されたのを公表した。

歴代艦長[編集]

軍艦摩耶之碑

※『艦長たちの軍艦史』111-114頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 森本丞 大佐:1930年11月8日 -

艦長[編集]

  1. 森本丞 大佐:1932年6月30日 - 1932年12月1日
  2. 山本弘毅 大佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  3. 新見政一 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月15日
  4. 小沢治三郎 大佐:1934年11月15日 - 1935年10月28日
  5. 茂泉慎一 大佐:1935年10月28日 - 1936年12月1日
  6. 大島乾四郎 大佐:1936年12月1日 - 1937年11月15日
  7. 鈴木義尾 大佐:1937年11月15日 - 1938年11月15日
  8. 中原義正 大佐:1938年11月15日 - 1939年11月15日
  9. 大杉守一 大佐:1939年11月15日 - 1941年4月15日
  10. 伊崎俊二 大佐:1941年4月15日 - 1941年8月11日
  11. 鍋島俊策 大佐:1941年8月11日 - 1942年9月30日
  12. 松本毅 大佐:1942年9月30日 - 1943年10月16日
  13. 加藤与四郎 大佐:1943年10月16日 - 1943年12月26日
  14. 大江覧治 大佐:1943年12月26日 - 1944年10月23日戦死

同型艦[編集]

備考[編集]

  • 摩耶の名が艦艇に使われるのは本項の重巡洋艦高雄型4番艦としての摩耶が2度目であり、以前に摩耶型砲艦ネームシップとして摩耶の名が使われている。この時の同型艦は鳥海、愛宕、赤城(赤城は別クラスとして扱われる事あり)。命名元になった摩耶山の天上寺の山門付近に「軍艦摩耶之碑」が建てられている。
  • 東郷平八郎元帥の孫、東郷実大佐の息子、東郷良一(海軍兵学校71期入校、留年のため卒業72期生)は摩耶甲板士官として摩耶の沈没時に戦死した(前述)。兵学校時代に祖父(東郷元帥)の短剣を吊って登校したり、摩耶乗艦時にわざと東郷元帥の軍服を着用して周囲を驚かせた等の逸話が残されている[123]破天荒な青年だったが、兵学校生徒達や、下士官兵達からの評判は非常に良かったという[123]
  • スタジオジブリのアニメ映画『火垂るの墓』(高畑勲監督)では主人公の清太の父が乗っていた艦が摩耶とされている。

参考文献[編集]

  • 池田清『重巡摩耶』朝日ソノラマ文庫、1986年。ISBN 4-257-17069-7。
  • 池田清『重巡摩耶 元乗組員が綴る栄光の軌跡』(学研M文庫、2002年) ISBN 4-05-901110-X
  • 池田清野村実ほか、近現代史編纂会・編『海軍艦隊勤務』新人物往来社、2001年。ISBN 4-404-02914-4。
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人『戦藻録 明治百年史叢書』原書房、1968年1月。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
    • 今城能文(摩耶主計長、1942年11月10日〜1943年12月16日)『「重巡『摩耶』から見た戦闘』
      別冊歴史読本『日本海軍軍艦総覧 戦記シリーズ37』(新人物往来社、1997)を再録。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝―全八六〇余隻の栄光と悲劇』光人社、2003年8月。ISBN 978-4769811510。
  • 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社、1977年7月。
  • 小板橋孝策『愛宕奮戦記 旗艦乗組員の見たソロモン海戦』光人社NF文庫、2008年。ISBN 978-4-7698-2560-9。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • エドワード・P・スタッフォード 著、井原裕司 訳『空母エンタープライズ THE BIG E 上巻』元就出版社、2007年。ISBN 978-4-86106-157-8。
  • 手塚正己『軍艦武藏 上巻』新潮文庫、2009年。ISBN 978-4-10-127771-4。
  • 手塚正己『軍艦武藏 下巻』新潮文庫、2009年。ISBN 978-4-10-127772-1。
  • 防衛庁防衛研修所 戦史室『戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦』朝雲新聞社
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 第56巻 海軍捷号作戦2-フィリピン沖海戦-』朝雲新聞社、1972年。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書88 海軍戦備(2) 開戦以後』朝雲新聞社、1975年10月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』朝雲新聞社、1976年8月。
  • 「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第6巻 重巡II』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0456-3
  • 「丸」編集部編『巡洋艦戦記 重巡最上出撃せよ』光人社、2011年8月(原著1990年)。ISBN 978-4-7698-2700-9。
    • レイテ沖この非情なる大海戦 史上最大の海戦から奇蹟的に生還した激闘の記録 井上団平(五十鈴航海長→摩耶航海長《沈没》→第二十二戦隊司令部附→鳳翔航海長)
  • 松浦敬紀編著「衆議院議員永末英一(海軍主計大尉)"太平洋に沈んだ戦友の声"」『終りなき海軍 若い世代へ伝えたい残したい』文化社、1978年6月。
  • クリストファー・ショアーズ、ブライアン・カル、伊沢保穂『南方進攻航空戦1941-1942』伊沢保穂 訳、大日本絵画、2002年、ISBN 4-499-22770-4
  • 雨倉孝之「ラバウル空襲 栗田艦隊の災厄」『丸別冊 太平洋戦争証言シリーズ1 空白の戦記 中・北部ソロモンの攻防戦』潮書房、1985年、313-321ページページ
  • Hermon Gill, Second World War Official Histories - Australia in the War of 1939–1945. Series 2 – Navy: Volume I – Royal Australian Navy, 1939–1942, 1957
  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編『幕末以降帝国軍艦写真と史実』海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編『日本軍艦集 2600年版』海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C05110627700「第2525号 7.7.5摩耶」
    • Ref.C05021073000「第3413号 5.10.14外国人に対し軍艦摩耶進水式拜案内状差出方承認の件」
    • Ref.C08030750500「昭和16年12月8日〜昭和19年11月5日 秋山正清元海軍大尉 乗艦 伊勢.摩耶.帆風.曙 行動記録」
    • Ref.C13071974300『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。
    • Ref.C08030774900『昭和17年3月〜昭和17年5月 軍艦高雄行動関係書類綴(1)』。
    • Ref.C08030775000『昭和17年3月〜昭和17年5月 軍艦高雄行動関係書類綴(2)』。
    • Ref.C08030080400『昭和17年3月1日〜昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030366100『昭和16年12月1日〜昭和17年6月31日 呉防備戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030019000『昭和16年12月1日〜昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(1)』。
    • Ref.C08030019100『昭和16年12月1日〜昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(2)』。
    • Ref.C08030019200『昭和16年12月1日〜昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(3)』。
    • Ref.C08030019300『昭和16年12月1日〜昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(4)』。
    • Ref.C08030019400『昭和16年12月1日〜昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(5)』。
    • Ref.C08030019500『昭和16年12月1日〜昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(6)』。
    • Ref.C08030044200『昭和17年6月1日〜昭和17年11月30日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030098100『昭和17年10月1日〜昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030098200『昭和17年10月1日〜昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030098300『昭和17年10月1日〜昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030098400『昭和17年10月1日〜昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030098500『昭和17年10月1日〜昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030768400『昭和17年11月〜昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030768500『昭和17年11月〜昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030768600『昭和17年11月〜昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030768700『昭和17年11月〜昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030101500『昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030101600『昭和18年6月14日〜昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。
    • Ref.C08030749100『昭和18年11月5日ラバウル港内対空戦闘時の摩耶の被害及び応急処置(2)』。
    • Ref.C08030749200『昭和18年11月5日ラバウル港内対空戦闘時の摩耶の被害及び応急処置(2)』。
    • Ref.C08030589400『昭和19年10月22日〜昭和19年10月28日 駆逐艦秋霜戦闘詳報』。
    • Ref.C08030565200『昭和19年10月24日 軍艦武蔵戦闘詳報』。
    • Ref.C08030568800『昭和19年10月22日〜昭和19年10月26日 軍艦摩耶比律賓沖海戦戦闘詳報』。
    • Ref.C12070090100『昭和3年 達 完/達昭和3年9月』。
    • Ref.C12070203800『昭和17年8月10日.昭和20年7月13日 内令及び海軍公報(軍極秘)/内令昭和19年10月〜12月(4)』。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和7年6月30日付 海軍内令 第218号改正、海軍定員令「第40表 一等巡洋艦定員表 其1」。この数字は特修兵を含まない。
  2. ^ a b 昭和3年11月7日付 海軍内令 第313号。
  3. ^ #聯合艦隊軍艦銘銘伝110頁
  4. ^ #艦艇類別等級表(昭和16年12月31日)p.1『艦艇類別等級表|軍艦|巡洋艦|一等|高雄型|高雄、愛宕、鳥海、摩耶』
  5. ^ a b c #昭和12年12月1日現在艦船要目公表範囲p.4『摩耶|一等巡洋艦|(艦諸元略)|神戸川崎造船所|3-12-4|5-11-8|7-6-30|(装備略)』
  6. ^ 日本海軍の命名慣例については船名#日本艦船の命名慣例を参照。
  7. ^ #池田 朝日p.17
  8. ^ #達昭和3年9月p.15『達第百三十一號 艦艇製造費ヲ以テ昭和三年度ニ於テ建造ノ一等巡洋艦一隻ニ左ノ通命名セラル|昭和三年九月十一日 海軍大臣 岡田啓介|株式會社川崎造船所ニ於テ建造 摩耶(マヤ)』
  9. ^ a b #達昭和3年9月pp.15-16『達第百三十二號 艦艇製造費ヲ以テ昭和三年度ニ於テ建造ノ軍艦竝驅逐艦ニ左ノ通命名ス|昭和三年九月十一日 海軍大臣 岡田啓介|艦種|艦名|建造所|二等砲艦|熱海(アタミ)|三井物産株式會社造船部玉工場|同|二見(フタミ)|株式會社藤永田造船所|一等驅逐艦|天霧(アマギリ)|株式會社東京石川島造船所|同|朝霧(アサギリ)|佐世保海軍工廠』
  10. ^ a b 「第2525号 7.7.5摩耶」p.2
  11. ^ #池田 朝日p.12
  12. ^ #池田 朝日p.39
  13. ^ #池田 朝日p.45
  14. ^ a b c d e f g h #戦史叢書海軍戦備(2)106頁『摩耶の改装』
  15. ^ #池田 朝日p.61
  16. ^ #池田 朝日p.65
  17. ^ #池田 朝日p.81
  18. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、153、158ページ
  19. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、154ページ
  20. ^ a b 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、216ページ
  21. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、216ページ、南方進攻航空戦、74、261ページ
  22. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、252-253ページ
  23. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、270ページ
  24. ^ 戦史叢書第24巻 比島・マレー方面海軍進攻作戦、302ページ
  25. ^ #池田 朝日p.95
  26. ^ #日本空母戦史127-128頁『アンボン島の爆撃(一月)』
  27. ^ #池田 朝日p.97
  28. ^ #池田 朝日p.99
  29. ^ a b c d #戦史叢書26海軍進攻作戦492-493頁『五、南方部隊本隊、ジャワ南方へ進出』
  30. ^ #愛宕奮戦記53-54頁
  31. ^ a b c d #戦史叢書26海軍進攻作戦511-515頁『南方部隊本隊、ジャワ南方敵艦船を撃滅』
  32. ^ Royal Australian Navy, 1939–1942, p.629
  33. ^ 戦史叢書第026巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、513、515ページ、Royal Australian Navy, 1939–1942, pp.617,629-630
  34. ^ #S1703一戦日誌(1)p.51『11日1130第二艦隊司令長官|南方部隊電令第131号 一.摩耶高雄及有明夕暮ハ摩耶艦長之ヲ指揮3月11日午後以後「スターリング」湾出港爾後南方部隊ヨリ除キGF長官所定ニ依リ行動スベシ』
  35. ^ #S1703高雄行動(1)p.3『3月14日1100燃料ノ関係上有明及夕暮ヲ解列セラル、天候一般ニ荒模様ナリ…』
  36. ^ #池田 朝日p.110
  37. ^ #池田 朝日p.113
  38. ^ #日本空母戦史203頁
  39. ^ a b #戦藻録(1968)110頁
  40. ^ #S1703高雄行動(2)p.4
  41. ^ #S1612呉防備戦隊日誌(2)p.31『三日(天候略)二.摩耶高雄6dg(電欠)豊後水道入泊掩護』
  42. ^ #第5艦隊日誌AL作戦(1)pp.43-44『(一)麾下(指揮下)艦船部隊ノ行動』
  43. ^ #第5艦隊日誌AL作戦(1)p.35『五.軍隊区分 一.第一軍隊区分(攻略作戦概成迄)|主隊-指揮官:直率、兵力:那智、2D/21dg、主要任務:全作戦支援|第二機動部隊-4Sf司令官、4Sf、2D/4S、7dg、(帝洋丸)、AOE・AOI・AOB空襲・敵艦隊補足撃滅』
  44. ^ #日本空母戦史245-246頁『竜驤・隼鷹』
  45. ^ #日本空母戦史249頁
  46. ^ #池田 朝日p.117
  47. ^ #池田 朝日p.124
  48. ^ #愛宕奮戦記114-115頁
  49. ^ #愛宕奮戦記128頁
  50. ^ #池田 朝日p.129
  51. ^ #愛宕奮戦記157頁
  52. ^ #愛宕奮戦記165頁
  53. ^ #愛宕奮戦記171-172頁
  54. ^ #池田 朝日p.132
  55. ^ #S1710二水戦日誌(1)p.33『1205 2sd(15dg缺)ハ前進部隊ヨリ解列31dgヲ5Sノ直衛トシ2sd(15dg 31dg缺)ヲ直率警戒隊トナル』
  56. ^ #S1710二水戦日誌(1)p.34『2222 5S(妙高摩耶)「ガダルカナル」飛行場ニ對シ砲撃開始』
  57. ^ #S1706五戦隊日誌(4)p.67『(一)使用弾薬 主砲20糎砲零式弾徹甲弾 妙高463発 摩耶450発 計913発』
  58. ^ #池田 朝日p.141
  59. ^ #S1711七戦隊日誌(1)p.6『(略)〔兵力、第七戦隊(熊野欠)摩耶天龍第十駆逐隊朝潮』
  60. ^ #S1711七戦隊日誌(1)p.6『(三)13日0540外南洋部隊主隊ト共ニ「ショートランド」出撃2210「「サボ」島北西方ニ於テ主隊ト分離支援隊ヲ率ヰ「ガ」島海面ニ突入飛行場制圧射撃ヲ実施14日0004射撃ヲ終了…』
  61. ^ #池田 朝日p.146、#海軍艦隊勤務p.185
  62. ^ #BIG E上p.285
  63. ^ a b c #BIG E上p.286
  64. ^ #池田 朝日p.147
  65. ^ #海軍艦隊勤務p.187
  66. ^ #海軍艦隊勤務p.188
  67. ^ #池田 朝日p.153
  68. ^ #池田 朝日p.157
  69. ^ #海軍艦隊勤務p.188
  70. ^ #池田 朝日p.160
  71. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後396頁『栗田部隊のラバウル進出の決定』
  72. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後400頁
  73. ^ ラバウル空襲、319ページ
  74. ^ #池田 朝日p.172
  75. ^ #海軍艦隊勤務p.189
  76. ^ #池田 朝日p.173
  77. ^ a b c ラバウル空襲、321ページ
  78. ^ #海軍艦隊勤務p.190
  79. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)430頁『摩耶の応急修理と内地回航』
  80. ^ #S1806二水戦日誌(6)p.49『11日将旗2sd/艦N1702/直衛配備ヲ左ノ通定ム 能代ノ左右70度摩耶ノ左右90度長鯨ノ180度距離2粁前方ヨリ右側若月風雲、左側早波藤波、後方五月雨』
  81. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)429頁『阿賀野の被雷とその救難』
  82. ^ #ラバウル空襲時摩耶被害(2)p.33『一.各部隊指揮官ハ左ノ隊艦ヲシテ11月30日頃「PT」発「NAA」ニ回航セシムベシ 瑞鳳冲鷹雲鷹摩耶七駆浦風|二.瑞鳳艦長ハ回航中右部隊ヲ指揮スベシ』
  83. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)529頁『米潜水艦の跳梁と冲鷹の被雷沈没』
  84. ^ #ラバウル空襲時摩耶被害(2)p.33『第五「トラック」(11月30日発)横須賀(12月4日着)(略)』
  85. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.7『(3)雪風(略)二十二日臼杵湾発途中大和摩耶ト合同山雲早霜島風ト共ニ之ガ警戒ニ任ジツゝ「マニラ」ヲ経テ「リンガ」ニ進出ス』
  86. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.56『23(天候略)一二〇〇磯風「リンガ」ニ向ケ昭南発一七五〇着 山雲大和護衛ヲ止メ平郡島着』
  87. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.4『(1)山雲(略)二十一日重油搭載ノ爲徳山ニ回航仝日大和摩耶ヲ護衛平郡島ニ回航二十三日仝地着爾後内海西部ニ於テ諸訓練ニ従事二十七日呉皈投月末迄整備補給ニ従事ス』
  88. ^ #S1812十一水戦日誌(4)p.43「二三(天候略)一六〇〇横須賀着/長良一五〇〇内海西部着」
  89. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.12『(三)麾下艦船部隊ノ行動』
  90. ^ #S1812十戦隊日誌(5)pp.56-57『26(天候略)一三五七雪風大和摩耶島風「マニラ」着』-『29(天候略)〇五〇〇雪風島風大和摩耶ヲ護衛「リンガ」ニ向ケ「マニラ」発』
  91. ^ #S1812十戦隊日誌(6)p.10『(5)雪風 大和摩耶ノ警戒ニ任ジ一日「リンガ」着十日迄同方面ニ於テ訓練警戒待機ニ従事…』
  92. ^ 木俣『日本戦艦戦史』355ページ
  93. ^ #巡洋艦戦記372-374頁『消息をたった総旗艦』
  94. ^ #池田 朝日p.198
  95. ^ #巡洋艦戦記375-376頁『暗雲ひくき日本本土』
  96. ^ a b #巡洋艦戦記380-384頁『わが摩耶の断末魔』
  97. ^ #摩耶比律賓沖海戦p.3『10.22|0800|第一遊撃部隊「ブルネイ」出撃』
  98. ^ a b c #戦藻録(1968)416-147頁
  99. ^ #池田 朝日p.227
  100. ^ #摩耶比律賓沖海戦p.3『10.23|0657|北緯九度二十七分東経一一七度二十三分(パラワン水道南口附近)ニ於テ敵潜水艦ノ攻撃ヲ受ケ錨鎖庫、一番砲塔、七罐室、後部機械室、各左舷ニ魚雷計四本命中左舷ニ大傾斜ス』
  101. ^ #池田 朝日p.235
  102. ^ #摩耶比律賓沖海戦p.3『0705|摩耶沈没』
  103. ^ a b c #摩耶比律賓沖海戦pp.4-5『(二)被害 (人員関係ノミ)』
  104. ^ #武藏上630頁では中尉としている。
  105. ^ #巡洋艦戦記385頁(摩耶の航海長は岸波と回想している)
  106. ^ #摩耶比律賓沖海戦p.3『0900|副長以下七六九名驅逐艦秋霜ニ収容サル|1545|副長以下七六九名軍艦武蔵ニ移乗』
  107. ^ #S1910秋霜詳報p.4『1600武蔵ニ横付ケ摩耶乗員ヲ移乗|1624移乗終了進撃開始』
  108. ^ #終わりなき海軍218-219頁
  109. ^ a b #巡洋艦戦記385-389頁『武蔵は健在なりや』
  110. ^ #戦藻録(1968)418頁
  111. ^ #武蔵戦闘詳報p.3『便乗中ノ軍艦摩耶乗員ハ夫々固有戦闘配置ニ應ジ本艦戦闘力ヲ増強スル配備ニ就キ在リタリ』
  112. ^ #武蔵戦闘詳報p.11『作戦室ニ於テ摩耶副長海軍中佐永井貞三 摩耶醫務科分隊士海軍軍醫大尉薄場有戦死』
  113. ^ #武藏下124-125頁
  114. ^ #武藏下176頁
  115. ^ #摩耶比律賓沖海戦p.5『備考|武蔵應急作業援助ノ為内務科員准士官移乗4名下士官兵41名残留セシム』
  116. ^ #終わりなき海軍222頁
  117. ^ #摩耶比律賓沖海戦p.4『10.25|島風ニ便乗中各配置ニ於テ水上戦斗及對空戦斗ニ従事(島風戦斗詳報参照)』
  118. ^ #摩耶比律賓沖海戦p.4『10.26|2200|「コロン」湾入港』
  119. ^ #池田 朝日p.256、「軍艦『摩耶』戦死者名簿」
  120. ^ #内令昭和19年10月〜12月(4)p.33『内令第一三六九號(軍極秘)|横須賀鎮守府在籍 軍艦 愛宕 軍艦 鳥海 軍艦 摩耶 軍艦 多摩 軍艦 能代 軍艦 千代田|呉鎮守府在籍 軍艦 鬼怒 軍艦 最上 軍艦 鈴谷|佐世保鎮守府在籍 軍艦 阿武隈 軍艦 瑞鳳 軍艦 千歳|右帝國軍艦籍ヨリ除カル|昭和十九年十二月二十日 海軍大臣』
  121. ^ “旧海軍の重巡洋艦「摩耶」を発見 フィリピン沖で沈没”. 共同通信. (2019年7月2日). https://this.kiji.is/518610158745125985?c=39546741839462401 2019年7月2日閲覧。 
  122. ^ rvpetrelの投稿(2445210215514445) - Facebook
  123. ^ a b #武藏上211-213頁

関連項目[編集]