摺り足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

摺り足(すりあし)とは、の裏で地面、板、畳などをするようにして、静かに歩くことをいう[1]日本の武道(剣道相撲等)や芸能に特有の動きであり、重要な基礎稽古の一つである。

手順[編集]

足の裏を地面から離さずに進むには、通常の歩行のように足先を先に出すのでなく、重心に落とし、太ももを腰から押し出す感じで前に出していく。これにより、上体を安定させたまま移動することができる[2][3]

効用[編集]

股関節腰椎腹筋等が連動する動きであるため、これらの筋力や柔軟性の向上が期待できる。舞踊であれば、背筋が伸びて姿勢が崩れにくくなり、武道では、隙を無くし相手の攻撃を受け止めるための基本動作となる[4][5]

脚注[編集]

関連項目[編集]