摺沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
摺沢駅
駅舎
駅舎
すりさわ
Surisawa
柴宿 (4.5km)
(9.2km) 千厩
岩手県一関市大東町摺沢字街道下25-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大船渡線
キロ程 30.6km(一ノ関起点)
電報略号 スリ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
241人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1925年大正14年)7月26日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

摺沢駅(すりさわえき)は、岩手県一関市大東町摺沢字街道下にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大船渡線である。

当線にはこの摺沢を経由にするため政友会が圧力をかけてできた大きな迂回があり、しばしば「我田引鉄」の代表例とされている。駅前にはその仕掛け人とも言うべき佐藤親子(秀蔵、良平)の胸像が建っている。なお当駅は開業から1927年7月15日までは終着駅であった。


歴史[編集]

  • 1925年(大正14年)7月26日:開業。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。
  • 2005年(平成17年)4月1日:駅舎改築、業務委託化。摺沢駅長が廃止され、気仙沼駅長管理下となる。
  • 2015年(平成27年)5月19日:みどりの窓口営業終了。

駅構造[編集]

プラットホーム

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。互いのホームは構内踏切で連絡している。

一ノ関駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託、早朝夜間無人駅)。出札窓口、自動券売機がある。なお、出札窓口は、2015年5月18日まではみどりの窓口として営業していた。

駅舎は一関市役所摺沢出張所およびコミュニティホール(室蓬ホール)と合築である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 大船渡線 上り 一ノ関方面[1]
2 下り 気仙沼方面[1]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は241人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 373 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 344 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 327 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 329 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 350 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 369 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 347 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 350 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 355 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 353 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 365 [利用客数 12]
2011年(平成23年)    
2012年(平成24年) 367 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 346 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 306 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 284 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 277 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 265 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 241 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
大船渡線
普通
柴宿駅 - 摺沢駅 - 千厩駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b 時刻表 摺沢駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月21日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月7日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月14日閲覧。

関連項目[編集]