擬波動関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

擬波動関数(ぎはどうかんすう Pseudo wave function, Pseudowave function)は、内核電子の影響を擬ポテンシャルとして表現し、そのもとで価電子の波動関数を解いたものである。通常は密度汎関数法の枠内で、Kohn-Sham軌道を作製したものを指す。擬ポテンシャルは、孤立原子の計算によって作製し、これを固体や分子にも適用する場合が多い。ノルム保存型擬ポテンシャルでは、その作成条件(例:ノードレス節がないことなど)に基づいて作られる。

通常の擬波動関数は、内核近傍での節(ノード)などをまったく表現しないため、超微細構造や光学応答といった物理量の計算には適さない。ただし最近では、PAW法のように、こうした問題への適用も念頭においた定式化も存在する。

【関連用語】 波動関数

関連記事


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
道端アンジェリカ 秀岳館高等学校 太平洋戦争 ゲス極 雪舟 チビチリガマ タイブレーク カンナさーん! 渡辺直美 デーブ・ヒルトン (野球) 胆石 宇野なおみ 結婚 愛してたって、秘密はある。 膵臓がん Hulu 末期がん さとうほなみ ジェームズ・クロムウェル 胆のう
gooウェブ検索 急上昇ランキング (総合)
「擬波動関数」のQ&A
1  磁区について。
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について