攀安知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 攀安知
琉球国北山王
在位 1401年 - 1416年

全名 攀安知
居城 今帰仁城
出生 生年不詳
死去 1416年
王朝 帕尼芝王統(羽地王統)
父親
テンプレートを表示

攀安知(はんあんち/はねじ、生年不詳 - 1416年永楽14年))は、14世紀琉球、後北山王国(後山北王国)の最後の王。

帕尼芝王統(羽地王統)、在位:1396年洪武29年)あるいは1401年建文3年) - 1416年(永楽14年))。

攀安知や帕尼芝は、個人名ではなくいずれも王統名「羽地」の漢字音訳と考えられている。

来歴[編集]

羽地王統・北山王の先代、の長男である。『中山世鑑』や『中山世譜』には「武芸絶倫」で「淫虐無道」と記されている。

『明史』に計14回の朝貢の記録が見えるが、中山王に比べて頻度が低く、北山の劣勢がうかがえる。

臣下の本部平原(もとぶていはら)が攀安知に中山攻撃を進言すると、本部平原と反目していた周辺の北山諸按司(国頭按司、羽地按司、名護按司など)が中山と内通しこれを伝える。

1416年永楽14年)、台頭する佐敷按司の思紹巴志親子率いる中山軍(北山末裔の護佐丸も従軍)、北山諸按司の連合軍が今帰仁城を攻める。優勢ながらも堅固な城を攻めあぐねるが、護佐丸の計略により本部平原が裏切り城は落城。攀安知は本部平原を伐つと、居城の今帰仁城にて自刃した。伝承では攀安知一族は尽く討たれたとも、護佐丸らの手により南山に匿われたとも言う。

攀安知は「千代金丸」とよばれる譜代相伝の宝刀を持っていたが、没後、第二尚氏の手に渡った[1]

系譜[編集]

(系譜は伝記による[2]

  • 父:(北山王)
  • 母:不詳
  • 妃:不詳
  • 長男:仲昔北山太子
  • 次男:志慶間子
  • 三男:外間子
  • 四男:喜屋武久子
  • 五男:虎寿金
  • 次男:志慶間子

登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博学こだわり倶楽部編 『日本刀 妖しい魅力にハマる本』 河出書房新社 2014年 ISBN 978-4-309-49902-4 p.64.その逸話によれば、自害した妻子に続いて攀安知が切腹しようとしたところ、刀が主を守ろうとしたのか、刃が鈍って切れず、千代金丸を川に捨てた後、別の小刀で自害し、拾われた千代金丸は中山王に献上された。
  2. ^ 東江長太郎「古琉球三山由来記集」(1989年) 那覇出版社、通俗琉球北山由来記の系譜

関連項目[編集]