支倉凍砂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
支倉 凍砂
(はせくら いすな)
ペンネーム 支倉 凍砂
(はせくら いすな)
誕生 本名非公開
(1982-12-27) 1982年12月27日(37歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 小説家
漫画原作者
ゲームクリエイター
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 不明
活動期間 2005年 -
ジャンル ライトノベル
ファンタジー
代表作狼と香辛料』シリーズ
主な受賞歴 第12回電撃小説大賞銀賞
デビュー作 『狼と香辛料』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

支倉 凍砂(はせくら いすな、1982年12月27日 - )は、日本の男性小説家ライトノベル作家。千葉県出身。日本推理作家協会会員[1]

略歴[編集]

14歳の頃から小説を書き始め、16歳の頃から文学賞に応募し始める。山内進北の十字軍』やジャン・ファヴィエフランス語版『金と香辛料』、阿部謹也ドイツ中世後期の世界』『中世の星の下で』等に触発され、立教大学に通う傍らで『狼と香辛料』の執筆を始める。

2005年に『狼と香辛料』で第12回電撃小説大賞銀賞を受賞し、2006年2月に同作品でデビューを果たす。同作品はシリーズ化され、『このライトノベルがすごい! 2007』にて、新人ながら作品部門第1位を獲得した[2]。2007年11月、『狼と香辛料』が小梅けいと作画でコミカライズされる。2008年1月、アニメ化される。

2009年9月、原作を担当した『ビリオネアガール』が桂明日香作画で漫画連載開始。

2011年2月、『狼と香辛料XVI 太陽の金貨(下)』にてシリーズ完結(同書「あとがき」による)。2011年7月発刊の『狼と香辛料XVI Epilogue』で後日談が描かれている。

2011年8月に『WORLD END ECONOMiCA Episode.1』頒布、2012年8月に『WORLD END ECONOMiCA Episode.2』頒布、2013年8月に『WORLD END ECONOMiCA Episode.3』頒布。同シリーズは小説版の『I』が2014年12月に刊行。さらにアニメ化を支援するクラウドファンディングが2019年11月にCAMPFIRE運営のサイトで始まり、880人が目標の約4倍の2000万円近くを寄付[3]

2012年7月、『マグダラで眠れ』を発刊。翌2013年9月に有坂あこ作画でコミカライズされる。2014年8月、その過去を描いたスピンオフ作品『少女は書架の海で眠る』が松風水蓮作画で漫画連載開始(2015年2月に小説版も刊行)。

2016年9月、『狼と香辛料』続編の『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』発刊。『狼と香辛料』の短編集『狼と香辛料XVIII Spring Log』を発刊。

2016年12月、コミックマーケット91にてVRアニメ作品『Project LUX』を頒布。その後、SteamとOculusStoreでの販売を開始。

2018年7月、VRアニメ作品『狼と香辛料VR』の制作開始を発表[4]

人物[編集]

  • ペンネームは『マリア様がみてる』の登場人物「支倉 令」(はせくら れい)に由来する。
  • 立教大学理学部[5]物理学科に在籍していた。卒業については不明。
  • 主に読むのは漫画で、小説はあまり読まない[2]
  • 複数の小説で獣耳の主要人物を登場させ、別のゲーム作品でもその世界観や内容と全く関係のない獣耳化パッチを公開[6]し、インタビューでは「獣耳が大好き[5]」と答えている。
  • 初のVRアニメ作品『Project LUX』や『狼と香辛料VR』を制作し、「二次元の中に入る[7]」という類の発言を度々しており、VRアニメ作品へ力を入れている。

作品リスト[編集]

  • 狼と香辛料
  • 『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙
  • マグダラで眠れ
  • 『少女は書架の海で眠る』(『マグダラで眠れ』からのスピンオフ作品)
  • ビリオネアガール』(漫画原作)
  • 『WORLD END ECONOMiCA』(ゲーム、小説)
  • 『Project LUX』(サークル Spicy Tails、VRアニメ作品)
  • 『カレンダー・ラブ・ストーリー 読むと恋したくなる』(発売日 2014/7/11 ISBN 978-4061389724)
  • 『2030年の旅』(発売日 2017/10/20 ISBN 978-4122064645)

参考文献[編集]

  1. ^ 会員名簿 支倉凍砂”. 日本推理作家協会. 2014年8月14日閲覧。
  2. ^ a b このライトノベルがすごい!2007. 宝島社. (2006). ISBN 4-7966-5559-X 
  3. ^ 【スマートライフ】クラウド投資 最前線は「貢献型」特集内の記事「対象はアニメやアイドル/ミレニアル、投げ銭感覚で支援」による。『日経ヴェリタス』2020年4月5日47面。
  4. ^ Spicy Tails Twitter”. 2018年7月16日閲覧。
  5. ^ a b WORKS, ASCII MEDIA. “電撃小説大賞 出身作家インタビュー” (日本語). dengekitaisho.jp. 2018年7月16日閲覧。
  6. ^ Spicy Tails 2013年9月3日更新の記事に記載”. spicy-tails.net. 2018年7月17日閲覧。
  7. ^ Spicy Tails 2018年6月21日更新の記事に記載”. spicy-tails.net. 2018年7月16日閲覧。