改井秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

改井 秀雄(かい ひでお、1919年7月10日 - 1983年3月31日)は日本政治家1971年から1983年まで富山県富山市長(4期)を務めた。

来歴[編集]

富山県出身。拓殖大学商学部卒業後、富山県職員、県議(日本社会党公認、1963年から2期)をへて、1969年の県知事選に挑戦するも落選(当選は自民党公認で新人の中田幸吉)。

その後、1971年2月に行われた富山市長選挙にて、社共統一候補として立候補し初当選。1983年2月の市長選では社会党、民社党、共産党の推薦と公明党の支持を得て、自民党公認の新人を破り4選を果たす。

しかし、4選直後の1983年3月31日、急性肝不全により石川県金沢市の金沢大付属病院で死去。63歳。

参考文献[編集]

関連項目[編集]