改革保守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

改革保守(かいかくほしゅ)、又は、保守改革(ほしゅかいかく)とは、「改革」+「保守」の2つを併せた概念であるが、文脈や場合により、以下のように、様々な異なる意味で使用される。

  1. ヨーロッパ政界の文脈では、「保守主義 (Conservatism」+「改革主義 (Reformism社会改良主義)」という意味で、欧州規模の政党である欧州保守改革党や、その欧州議会の政治会派である欧州保守改革グループが活動している。
  2. 日本の政界では、以下のように使用される。
    1. 「保守派」を分類し、従来の「守旧保守」に対し、「構造改革」を推進した小泉政権を「改革保守」と位置付ける論評がある[1][2]
    2. おおさか維新の会(現・日本維新の会)片山虎之助共同代表は、自党を「われわれは改革する保守だ。」と称している[3]
    3. 希望の党は、「結党宣言」で「『新しい改革保守の政治』を目指」すと掲げている[4]
    4. 以上の2党が参議院で統一院内会派を組んだ際には、「改革保守の第三極をつくっていきたい」とした[5]

出典[編集]

関連項目[編集]