放送休止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

放送休止(ほうそうきゅうし)とは、放送局がその放送を休止することである。

概要[編集]

一般的には送信機(放送機)からの放送電波の送出を計画的・人為的に止めることを示すが、以下に示す事例には放送番組でない何らかの音声・映像が受信機に流れる場合も含む。

放送事故によって放送が途切れた状態は区別して呼ばれる。不慮の電波の送信停止は停波#放送局における停波、予定された音声・映像が受信機で復調されず、搬送波(キャリア)のみが放送される状態は無変調を参照。

番組内容の変更により予定していた内容の放送を取りやめることを放送休止と呼ぶことがあるが、これはあくまでも番組ないしコーナーの休止であり、この項では扱わない。

多くの場合、放送休止の時間帯は、任意の24時間のうち、深夜から早朝に1タームである。なお、午前中の放送開始から深夜の放送終了まで放送休止の時間帯を設けない全日放送体制をブランケット・カバレッジ(Blanket coverage)という[1]。アメリカや日本など先進国の放送局ではブランケット・カバレッジが確立されている。

かつての日本を例に取れば、NHK中波放送(AM放送)は毎日、深夜になると一斉に放送を休止していた。また、テレビの放送黎明期や、1980年代までの独立局などにおいては、放送開始から放送終了までのあいだの、任意の時間帯(例:正午頃から夕方頃まで、夕方頃から夜まで[2]など)に、複数ターム休止する番組編成が散見された。全体の放送開始時間が午前9時前後の時代もあった。

放送休止と遠距離受信[編集]

自国内の放送局が放送休止する時間帯は、とりわけ中波ラジオ放送において、海外の放送局を遠距離受信する趣味=BCLに格好のコンディションである。

中波は夜間、電離層反射によって遠距離まで伝搬する性質がある。日本を例に取れば、中波放送用電波帯域の多くを占めるNHKの親局および中継局の休止時間中は帯域が大きく空き、原理的には日本を起点に太平洋全域、また特に冬季は北欧や北極圏にある海外中波放送局の放送まで受信できるが、日本では1990年以降、「ラジオ深夜便」が原則毎日終夜放送されるようになり、放送休止時間帯を利用したBCLは困難になった。

日本[編集]

法制[編集]

基幹放送局は、総務省令電波法施行規則第40条第1項第2号(5)に基づき、「運用許容時間中において任意に放送を休止した時間」を無線業務日誌へ記録することが義務付けられている。また、日本放送協会(NHK)の基幹放送局は、放送法第86条第1項により、総務大臣の認可を受けない限り、原則として放送を12時間以上(協会国際衛星放送は、24時間以上)休止することができない。

地上基幹放送局地上一般放送局は、放送を休止する場合、総務省令無線局運用規則第138条第1項に基づき、休止時と再開時に、定められた内容の局名告知を行わなければならない。

放送休止時間帯に送出される内容[編集]

放送休止の時間帯において、停波をともなわなければ、多くは機器調整のための試験電波が発射される。このとき放送上では、無変調(ラジオの場合、受信機の同調インジケータが消灯しホワイトノイズだけになるか、同調インジケータが点灯した状態で無音)の状態となるか、何らかの内容をともなう音声や映像が、断続的に、またはずっと送出される。

内容をともなう試験電波では、試験電波を発射しているという旨のアナウンスないし字幕、テストトーンテストパターン、音楽、環境映像お天気カメラからの中継映像などが送出される。

内容のある場合、実質として番組の体裁を取っていることがある。これを、番組のない時間を埋めているという意味で、フィラーあるいはフィラー番組と呼ぶ[3]。フィラー番組は実態として各局の番組表に表記される場合と、されない場合とがあり、前者の場合法的には放送を休止していないことになる。

テレビの放送休止時間帯におけるフィラーの事例に以下のものがある。

放送休止の事例[編集]

予定全番組の終了による定期的な休止[編集]

ある期日に編成されている放送番組をすべて完了(放送終了)してから、次の放送開始までの放送休止。一旦電波を止め、放送再開の数十分前から再び電波を送信するケースと、ずっと電波を流し続けるケースがある。

定期的に放送休止するラジオ放送局[編集]

多くのラジオ局では、放送設備の保守・メンテナンスの必要から、定期的に放送休止される。ただし、普段は休止する民放局でも、年末年始や報道特番などの特別編成のため、終夜放送を行う場合がある。

基本的に月曜日の未明(編成上の日曜日深夜に相当)の2時頃(早い局は0時00分)から早朝5時頃(局により4時00分まで)にかけて休止が行われるが、当該時間帯に音楽を流し、番組表の上では休止がされないように編成する例がある。逆に、深夜放送(終夜放送)が一切行われず、毎日2時間から4時間ほど休止する放送局もある。

以下、実例を示す。週1回、毎週月曜0:00以降5:00まで(編成上の日曜深夜24:00以降29:00まで)のみ放送休止時間を設定している放送局は膨大になるため割愛する。

  • 毎日設定している放送局
    • ぎふチャン - 毎日 0:00 - 6:00(24:00 - 30:00)
    • エフエム愛媛 - 火曜 - 金曜 3:00 - 6:00(月曜 - 木曜 27:00 - 30:00)、土曜 5:00 - 6:00(金曜 29:00 - 30:00)、日曜 3:55 - 6:00(土曜 27:55 - 30:00)、月曜 1:30 - 6:00(日曜 25:30 - 30:00)
    • ラジオ沖縄 - 火曜 - 日曜 3:00 - 5:00(月曜 - 土曜 27:00 - 29:00)、月曜 0:00 - 5:00(日曜 24:00 - 29:00)
    • エフエム富士 - 火曜 - 木曜・土曜 2:30 - 5:00(月曜 - 水曜・日曜 26:30 - 28:55)、金曜 3:00 - 5:00(木曜 27:00 - 29:00)、土曜 3:30 - 5:00(金曜 27:30 - 29:00)、月曜 1:10 - 5:00(日曜 25:10 - 29:00)
  • 日月早朝(編成上の土日深夜)に設定している放送局
    • 琉球放送 - 日曜 4:00 - 5:00(土曜 28:00 - 29:00)、0月曜 2:00 - 4:00(日曜 26:00 - 28:0)
    • 北日本放送 - 日曜 3:00 - 5:00(土曜 27:00 - 29:00)、月曜 0:00 - 5:00(日曜 24:00 - 29:00)
    • 山陰放送 - 日曜 3:00 - 4:55(土曜 27:00 - 28:55)、月曜 0:00 - 4:55(日曜 24:00 - 28:55)
    • 山梨放送 - 日曜 3:00 - 5:00(土曜 27:00 - 29:00)、月曜 1:00 - 4:00(日曜 25:00 - 28:00)
    • FM PORT - 日曜・月曜 1:00 - 6:00(土曜・日曜 25:00 - 30:00)

放送設備保守のための休止[編集]

放送機器の保守点検・整備のために放送休止を設定する放送局は多い。この場合、全局レベルで放送休止するか、あるいは任意の地域ごと、あるいは送信所ごとに限定した放送休止(当該地域以外は放送)を行う。

休止時間帯には、災害、大事故などの非常事態で報道特別番組が必要な時を除き、番組の予定は組まれず、試験電波が発射される。

民間放送局の多くは、深夜放送が行なわれない日曜深夜(日付の上では月曜未明)を機器の保守点検・整備のための放送休止に充てている。ラジオ局では、おおむね午前1時台か2時台 - 5時00分にかけて休止する例が多いが、2004年4月から2013年3月にかけ、TBSラジオ製作の「あなたへモーニングコール」の放送が1週間通し(月曜 - 日曜の毎日。一部局除く)となり、多くのクロスネット局が月曜付の放送開始を4時00分に繰り上げていたため、メンテナンスの時間枠確保の観点から日曜付けの放送終了を繰り上げたり、土曜日の早朝にも放送休止期間を設けたりする局が増えていた。テレビ局においては、地上波デジタルテレビ放送の開始以降、空中線も含めた完全多重化設備となっている例が多く、頻繁なメンテナンスを必要としなくなり、年間を通じての終夜放送が実施されている。

NHKでは原則として、全国的になるべく減力放送による対応とし、(完全多重化されていない送信設備であっても)完全な放送休止を行わないようにしている。2000年6月まではそれぞれのチャンネル別に全国一斉に行っていたが、有事・災害時(災害対策基本法施行義務)の編成に対応できるよう、同年7月以後、総合テレビラジオ第1FMの24時間実施される地上総合放送については、一応のメンテナンス日(総合テレビ・FMは第1・3日曜、ラジオ第1は第2・4月曜+および各チャンネルとも年2回の集中メンテナンス日)を設定しているが、休止する・しない、あるいは減力を行うかについては各局の任意判断となった。
ラジオ深夜便はラジオ第1・FMで同時放送(午前1時から5時)しているが、局舎移転や送信設備の大規模な更新作業など、やむをえない事情で電波を止めなければならない場合を除き、前述の有事対応のために放送休止日でもどちらか一方の電波は出すようにしている。24時間放送が本格化し、2000年7月から、地域ごとの任意設定による休止が行われるようになってからは、各放送局ごとに放送休止となる日時・放送波についての告知(近畿地方・東海地方については大阪名古屋が一括して掲載)を載せている。
なおEテレも2000年4月 - 2006年3月まで終日24時間放送だったが、大地震津波発生時以外の有事編成の義務が無かったため、毎月第2・4・5日曜の深夜放送休止は全国一斉に行っていた(平日の集中メンテナンスによる休止は各局任意だった)。

具体例

放送設備新設・新技術試験のための休止[編集]

BSデジタル放送の例では2007年11月26日未明にBSデジタル放送(BS-1・3・13・15ch)のチャンネルのスロット再編に伴う放送休止(BSアナログ放送BS-5・7・11chは放送休止無し)、2011年4月1日未明はNHK-BSの再編に伴うBS-15chのスロット再編でNHK-BSが全チャンネル放送休止になった(この時はスロット再編に無関係のNHK-BSアナログ放送BS-7・11chも放送休止)。

経済的要因の休止[編集]

費用不足による休止[編集]
  • NHKでは2006年4月以降、受信料収入減少にともなって、経費削減のための終夜放送の見直しが行われ、教育テレビ、デジタル衛星ハイビジョン放送(のちのBSプレミアム)において深夜放送休止が実施されている。
省エネルギー方針にともなう休止[編集]
オイルショックにともなう電力節減
  • 日本では第一次及び第二次のオイルショックの際、節電のためテレビジョン放送の放送休止を行った。第一次オイルショックではNHKは日中(主として総合テレビは午後3・4時台[4]、教育は午後2 - 5時台)と深夜(23時以後)に放送を休止、民間放送各局も0時00分以降の放送を休止した。第二次オイルショックの際も、NHK総合は平日(日 - 木曜)は原則23時15分、金・土曜は0時00分で、民放の多くも午前0時台後半 - 1時台[5]に放送を終了している。
  • 一部では、オイルショックに加え、番組ソフトが不足していたこともあり、日中の放送を休止し、カラーバーやレコード音楽を放送していたことがあった。中には夜の数時間のみしか放送を行わない局が存在した。
二酸化炭素排出抑制キャンペーン
  • NHKでは二酸化炭素排出抑制のキャンペーン「SAVE THE EARTH」プロジェクトの一環として、2008年7月6日12月29日、NHK教育テレビ(現・Eテレ)の放送を数度にわたって休止した。7月6日は23時00分から7月7日 4時30分まで(本来は5時00分の予定がウィンブルドン選手権延長で急遽繰り上げ)、12月29日は5時00分 - 12時30分および、21時00分から翌日 5時00分までの放送を休止した。
東日本大震災にともなう電力節減
  • NHKでは2011年3月15日 - 3月19日の間、教育テレビ(Eテレ)と衛星第2テレビで0時00分 - 5時00分に放送休止(前者は完全停波だが、計画停電の無い一部地域のデジタル放送では停波を伴わない放送休止のところもあった。後者は停波を伴わない放送休止)。
  • 放送大学では2011年3月17日 - 3月31日の間、テレビ・ラジオとも放送時間を通常より4時間短縮した7時30分 - 21時30分とした(前後数分間の試験電波を含まない。地上波は完全停波。スカパー!、ケーブルテレビ局向け配信では停波を伴わない放送休止)。

放送事業者の都合による休止[編集]

自己制裁による休止[編集]
  • 1996年TBSテレビではオウム真理教事件に関連する不祥事による自粛措置として、自主的に翌日0時00分前後の時刻[6]をもってテレビ放送を終了していた。なお、5月20日 - 23日の4日間は、放送大学より終了時間が早かった。
なお、放送開始時刻は、21日は5時25分、22日 - 24日は4時50分、25日は5時35分だった。
法令に基づく事業者の処分による業務停止を受けての休止[編集]
  • コミュニティ放送局BIWA WAVEでは2008年、前年に発覚した無許可での設備変更・運用に基づき、行政処分として10日間の運用停止命令が下された。これは現在の電波法および放送法の施行後、放送局に対する初の運用停止命令である。その後放送は再開されたものの、2年後の2009年6月に廃局した。
事業者の経営破綻・放送事業廃止による休止(閉局・廃局)[編集]
Radio-i廃局から3年半後の2014年4月1日、同じ周波数(名古屋のみ)で、InterFMが運営するInterFM NAGOYA(2015年10月1日よりRadio NEOに局名変更)[7]が開局し、事実上放送再開したものの、2020年6月30日付での放送終了および閉局を発表した[8]

食による人工衛星からの送信不能にともなう休止[編集]

1987年から1997年にかけての日本の放送衛星は、(衛星が地球や月の影になる現象)によって太陽電池での充電ができなくなって電力不足に陥り、放送休止を余儀なくされていた[9]

地球による食で春分秋分前後の深夜帯が、月による食で年数回の日中が、放送休止となっていた。1997年以降、大容量の蓄電池を搭載した新しい衛星が打ち上げられたため、食であっても常時放送可能となった。

韓国[編集]

韓国では地上波の放送は原則として1日19時間に制限されている[10]。メディア法により新聞社に対して許可された放送局(総合編成チャンネルという)では24時間放送が可能である[10]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代風俗史年表―昭和20年(1945)~平成9年(1997)増補版』河出書房新社、1999年。
  2. ^ テレビ放送開局日の番組表を例に取ると、1953年2月1日のNHKは午後4時頃から6時30分まで、1953年8月28日の日本テレビは午後1時頃から5時30分頃まで、深夜の休止時間とは別の放送中断の時間を設けていた。 - 日本放送協会(編)『放送の五十年 昭和とともに』(日本放送出版協会、1977年)p.174参照
  3. ^ 放送におけるフィラーには他の意味もある。当該項目参照。
  4. ^ ただし週末・祝祭日と、平日でも国会中継高校野球中継があれば放送していた
  5. ^ 1974年上半期は在阪局では午前0時丁度で打ち切ることで合意していて、11PMよみうりテレビが担当する火曜・木曜はネット局向けの裏送りとなることがあった。
  6. ^ 実際は1996年5月20日は特別番組「視聴者の皆様へ」放送の為に23時56分で、21日 - 23日は23時50分で、24日25日 0時20分でそれぞれ放送終了。TBSラジオでは、この期間中も通常通り深夜放送を実施した。
  7. ^ 当初、体裁上はInterFMの放送支局(中継局)に準ずる体制をとったが、2016年12月1日に株式会社Radio NEOが放送免許を取得。
  8. ^ Radio NEO閉局のお知らせ Radio NEO 2020年3月31日
  9. ^ 充電せずにトランスポンダを使い続けると電池が空になり、最後には管制所からの指令を受けたり運用状態報告のためのテレメトリー信号を出したり出来なくなってしまう
  10. ^ a b 久田和孝、韓相宇『日本人が知りたい韓国人の当たり前』三修社、2017年。

関連項目[編集]