政治心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

政治心理学(Political psychology)は、心理学の観点から政治政治家、政治行動を理解することに専念する社会心理学の一分野で、学際的な学問分野である。

学際的学問分野であり、社会心理学[1]分野であり、心理学の観点から政治政治家、政治行動を理解することに専念しています [2]。政治と心理学の関係は双方向であると考えられており、心理学は政治を理解するためのレンズとして使用され、政治学は心理学を理解するためのレンズとして使用される。学際的な分野として、政治心理学は、人類学社会学国際関係経済学哲学メディアジャーナリズム歴史など、他の幅広い分野から借用している。

概要[編集]

政治と心理学の関係は双方向であると考えられており、心理学は政治を理解することにも繋がり、逆に政治学は、時として心理学を理解することにも繋がる。

学際的な分野として、政治心理学は、人類学社会学、国際関係、経済学哲学、メディア、ジャーナリズム、歴史など、他のあらゆる分野にも関係している。政治心理学は、信念、動機、知覚、認知、情報処理、学習戦略、社会化、態度形成などによって影響を受ける、個人と文脈との相互依存関係を理解することを目的としている。政治心理学者は本質的に、認知的および社会的説明を使用して、政治的行動の基礎、動力学、および結果を研究する。

歴史と初期の影響[編集]

フランス[編集]

イタリア[編集]

オーストリア[編集]

ドイツ[編集]

イギリス[編集]

アメリカ[編集]

人格と政治[編集]

精神分析的アプローチ[編集]

特性ベースのアプローチ[編集]

動機に基づくアプローチ[編集]

性格を評価するためのフレームワーク[編集]

権威主義的パーソナリティ[編集]

特性ベースのフレームワーク[編集]

グループの政治心理学[編集]

グループサイズ[編集]

グループ構造[編集]

グループ機能[編集]

グループ開発[編集]

グループにおける適合性の影響[編集]

グループにおける権力の影響[編集]

グループでの意思決定[編集]

特定の政治的行動の理解における心理学の使用[編集]

進化[編集]

投票行動[編集]

競合[編集]

テロ[編集]

関連項目[編集]

  • カテゴリ:政治心理学者
  • コミュニティ心理学
  • 実験的政治学
  • 国際政治心理学会
  • 政治的認識
  • 政治経済学
  • 公共選択

参考文献[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  • Mols, Frank; 't Hart, Paul (2018). "Political Psychology". In Lowndes, Vivien; Marsh, David; Stoker, Gerry (eds.). Theory and Methods in Political Science (4th ed.). Basingstoke, England: Palgrave Macmillan. pp. 142–157. ISBN 978-1-137-60353-1.
  • Binning, Kevin R.; Sears, David O. (2015). "On the history of political diversity in social psychology" (pdf). Behavioral and Brain Sciences (38): 18. doi:10.1017/S0140525X14001137. Retrieved 17 October 2020.

参考文献[編集]