故林広志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

故林 広志(こばやし ひろし、1966年8月31日 - )は、日本コント作家・脚本家・研究者(英文学、演劇教育)。講師(大学・ワークショップ)。本名、高橋 哲郎(たかはし てつろう)。既婚。

経歴[編集]

立命館大学文学部在学中より松竹芸能ブレーンに参加、構成作家として活動を始める[1]。1991年、劇団MONOの土田英生らとコントユニット「GOVERNMENT OF DOGS」を結成。関西を中心に20回ほどの公演を行い「演劇性の高いコント」が注目される。TV・ラジオに台本を提供するほか、各誌にコラムや書評を連載、時事ネタフリーペーパー『薄い故林』を発行。

1997年に東京に居を移し、ナイロン100℃やG2プロデュースに台本を提供。また渋谷シアターDなどで若手芸人の育成に当たり様々な笑いの原型を作る。

1998年から故林広志prd.(プロデュース)名義で、当時珍しかった越境的キャスティングの公演(演劇、コント)を毎年数回ずつ行う。ワークショップも開始、参加者の旗揚げやライブ参加をサポート。

2000年ごろからENBUゼミナール、日本劇作家協会(戯曲セミナー)で演技や脚本を指導。発表の場として若手俳優からベテラン芸人までが一堂に会するライブをシリーズ化。

2004年に法政大学人文科学研究科を修了し、大学講師を歴任。プレゼンテーションやインターアクション(英語)の授業を担当。各学会で作品論や劇場運営について発表している。

2009年から、東京ヴォードヴィルショー大森ヒロシと共同でコントライブ「更地/SARACHI」をプロデュース(現在は大森カンパニープロデュース)。軽演劇から新しい手法のコントまでレパートリーを増やし、ラジオも含め執筆ペースはピークを迎える。

近年、教会で上演する演目など地域密着型の企画にも脚本を提供。「日常の捉え直し」に基づく一連のワークショップでは関係構築を中心とした表現指導の体系化を進めている(大学の授業では会話教育やコミュニケーションにおける演劇的アプローチを推進、教科書も刊行)。

人物・詳細[編集]

学生時代にお笑い番組や深夜ラジオにのめり込み、ストーリー漫画や新作落語を製作。大学は英文学専攻に進み、不条理演劇、ルイス・キャロルやモンティ・パイソン、コメディ映画などを研究、後年の脚本や講義の礎となる。

音楽(歌詞)に言及することも多く「故林広志」という筆名はミュージシャンの忌野清志郎の名前を基に付けたという(本人談)。

プロデュース公演のフライヤーは自らデザインし、連載していた雑誌のコラムのイラストは自身が描いている。

ワークショップ[編集]

笑いは送り手/受け手の共同作業と考え「楽しむ方法」を知り合う場=ワークショップを開催(プロの俳優・芸人も参加)。参加者全員が作品を作り上げていくOJT方式で、本人も作家的視点を刷新・拡大している。スタジオ上演により成果を実感、それぞれの活動をサポートしていく。

  • 共演者や空間を活用することで、全体を客観的に構成する。
  • 会話のテンポを整え、伝わりやすく、笑いやすく表現する。
  • 呼吸や動き、一体感を意識し、コミュニケーションを補完する。

などを軸に個々の受講生に合わせて指導、大学の授業にも採り入れている。

舞台関連[編集]

  • 「コントユニット GOVERNMENT OF DOGS」脚本・演出・出演
  • 「立川志の輔 新作落語独演会」脚本
  • 「タイタン(GO・JO)脚本」
  • 「ナイロン100℃ ザ・ガンビーズショー」脚本
  • 「G2プロデュース 超老伝」「AGAPE store 超老伝2000」脚本
  • 「コントユニット 親族代表」脚本・演出・プロデュース
  • 「当時はポピュラー1〜5」脚本・演出
  • 「村岡希美+廣川三憲 薄着知らずの女1〜3」脚本・演出
  • 「和風スケッチ 漢字シティ」脚本・演出
  • 「ホームコメディアンズアワー 帰れない二人」脚本・演出
  • 「憂のコント」「憂の喜劇」脚本
  • 「ニッキーズ・パビリオン」脚本・演出
  • 「studio twlこけら落とし公演」企画・進行
  • 「すわ親治 ひとりコメディ」脚本・演出
  • 「コントライブ 絹」脚本・プロデュース
  • 「演劇ユニット Hula-Hooper」脚本
  • 「MONO企画 退屈への扉」脚本
  • 「コントユニット THE GEESE」プロデュース
  • 「ブルース企画 御祝リバーバンド」プロデュース
  • 「AGAPE store 仮装敵国」脚本
  • 「宮川賢 スライドプレゼンテーション」「サウンドプレゼンテーション」脚本
  • 「未唯mie一人芝居 ディスタンス・ブルー」脚本
  • 「GOVERNMENT OF DOGS Refresh!」脚本・出演
  • 「浅越ゴエ ソロアクト1〜3」脚本
  • 「ドナインシタイン博士のひみつ学会」脚本・出演
  • 「コントRemix 二死満塁の人々」脚本
  • 「大森そして故林 コントライブ更地」「喜劇工房1・2」脚本
  • 「ブッチャーブラザーズ 30周年」「ブッチャーブラザーズ 35周年」脚本 
  • 「コント企画 順風男女」脚本
  • 「リブレプロデュース 超特急夫婦」脚本
  • 「Bコレクション(ぶっちゃあプロデュース)」脚本
  • 「大森カンパニープロデュース 喜劇 いじはり」脚本
  • 「春風亭昇太プロデュース・下北沢演芸祭2017 役者の落語会 ごらく亭 冬の陣」脚本協力
  • 「ピンクの電話30thライブ ホットフラッシュ」脚本

テレビ、他[編集]

ラジオ[編集]

主宰ワークショップ[編集]

  • 「コントサンプル」(1998年-2005年)
  • 「作家養成会議」(2006年-現在)
  • 「憂のワークショップ」 (2006年-現在)

(「コントの方法」、「人間力学ショー」刊行)

連載[編集]

  • 雑誌 JAMCi(1996年-2000年)
  • 雑誌 劇の宇宙(1998年-2001年)
  • 雑誌 シアターガイド (2000年-2001年)
  • 雑誌 放送文化(2001年-2002年)
  • 雑誌 演劇ぶっく(2005年-2006年)

脚注[編集]