救いの光教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

救いの光教団(すくいのひかりきょうだん)は、1972年8月1日に設立した日本宗教法人。教祖(明主)は岡田茂吉、代表者(光守)は大沼祐子。[1]

概要[編集]

1972年8月1日世界救世教から「宗教法人 神成教会」として独立。[1]

1974年6月15日、「宗教法人 救いの光教団」に改称。[1]

教義[編集]

  • 3つの救い(浄霊、自然農法、芸術)[2]

拠点[編集]

運営施設[編集]

  • 光臨殿 岡田茂吉博覧館(旧名:須玉美術館。1998年4月18日開設)[2][3]

脚注[編集]