教えてもらう前と後

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
教えてもらう前と後
ジャンル 教養バラエティ番組
演出 千葉隆弥(総合演出)
出演者 滝川クリステル
博多華丸・大吉
製作
プロデューサー 深迫康之
林智也CP
制作 毎日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2017年10月17日 -
放送時間 火曜20:00 - 20:54
放送分 54分
公式サイト
池上彰が選んだ2016年 決定的瞬間!〜教えてもらう前と後〜(パイロット版1)
プロデューサー 水野雅之(毎日放送)、佐藤洋介
出演者 池上彰、滝川クリステル
放送期間 2016年12月20日
放送時間 火曜19:00 - 20:54
放送分 114分
回数 1
教えてもらう前と後(パイロット版2)
プロデューサー 水野雅之(毎日放送)、齋藤智礼(ダイナマイトレボリューションカンパニー
ナレーター 槇大輔
放送期間 2017年2月4日
放送時間 土曜14:00 - 15:24
放送枠 スパニチ!!
放送分 84分
回数 1

特記事項:
レギュラー第1回目は2時間SP(19:00 - 20:54)。
テンプレートを表示

『教えてもらう前と後』(おしえてもらうまえとあと)は、毎日放送の制作でTBS系列にて2017年10月17日から毎週火曜20:00 - 20:54(JST)に放送されている教養バラエティ番組である。2016年12月20日[1]と2017年2月4日パイロット版が放送された[2]

概要[編集]

特定のジャンルに関して専門家が独自の視点で選んだ「決定的瞬間」について紹介した上で解説し、「知のビフォーアフター」を体感させるといった内容[3]

本番組は近年のゴールデンタイムにおける在阪局制作の全国ネット番組では珍しく、大阪・毎日放送本社内のスタジオで収録されたことがある[4]。通常は東京メディアシティ内のレモンスタジオで収録されている[5]

2019年1月1日放送分は、TFP2019の為休止。同年6月25日放送分は、『その他の人に会ってみたゴールデン2時間スペシャル』の為、休止となる[6]。その模様は7月2日に延期。

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー[編集]

ネット局と放送時間[編集]

『教えてもらう前と後』ネット局
放送対象地域 放送局名(略称) 放送系列 放送時間 ネット状況
近畿広域圏 毎日放送(MBS) TBS系列 火曜 19:56 - 20:54

火曜 20:00 - 20:54
制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
関東広域圏 TBSテレビ(TBS)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)[7]
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • ナレーター:槇大輔大塚芳忠
  • 構成:そーたに、高野健生、たむらようこ、村上洋賢、羽田正樹、古賀文恵、新垣瀬梨菜
  • リサーチ:齋藤寛道、山本晃史、佐藤直也
  • TM:竹本友亮(毎日放送)
  • TP:深谷高史
  • TD/SW:高石和隆(毎日放送)
  • SW:喜多良平(毎日放送)
  • C/CAM:伊郷憲二、新美高志
  • AUD:森田篤、松本良道、大村匡充
  • LD:根建勝広、長谷川英樹
  • 撮影:堀内昭彦、岸克二、松尾俊一郎、竹内浩司、為谷純、武田和仁
  • 音声:羽生真、橋本明大、磯西信広、宮田伸行
  • 美術プロデューサー:吉田敬
  • デザイン:寺本夏実
  • 美術製作:三上貴子
  • 大道具制作:岩崎隆史
  • 大道具操作:桜井和則
  • アクリル装飾:國母淳一、下平唯治
  • 装飾:藤生由紀
  • 特殊装置:桑島亮太、杉浦遼、釜田慶一
  • モニター:大高貢
  • TK:後藤有紀
  • FD:川名良和
  • ヘアメイク:野田智子、春山輝江
  • 音響効果:篠原光、東由美、明田悠衣
  • 編集:宮島洋介、平池優太、橋本淳一郎、須川浩之
  • MA:直江泰輔、村上敏之
  • コーディネート:Medixkorea、フライメディア、シー・ピー・インターナショナル、NTV
  • 技術協力:ティ・ピー・ブレーンヌーベルアージュ佳夢音ニューテレスプログレッソイングス(毎週)、ブレスマンズ、イメージランド(週替り)
  • 美術協力:フジアールチトセアートネクステージヤマモリテルミック、マルチバックス、グレートインターナショナル
  • 宣伝:竹山亜紀(毎日放送)
  • 番組アドバイザー:鶴本康彦(毎日放送)
  • 編成:近藤千笑子(毎日放送)
  • AD:吉田京平、大矢かづみ、伊藤さやか、小林航介、佐藤公昭、石原寛基、蓬莱亮、堀川美由紀(希)、友利秀之、佐藤恵美、水野彰洋、藤江達也、林夏輝、原奈緒美、坂本ゆうみ、樋口諒、鷹野弥彦、佐藤公昭、平野良、鈴木健世、長島巧季、大城多香子、齋藤早希、三浦敦子、濵英之、大倉康平、下舞由理香、西上達登、加納佳樹、齋藤早希、新垣勇一郎、樋口メモリ、小川兼生、川村美菜、岡本将明、大崎武雄
  • AP:荒井かおり、菊池吉太郎、橋本早世、飯島崇男、伊藤鮎佳、岡崎佑美、真鍋香里、山之内禎枝、松本純子、唐澤泉恵
  • ディレクター:佐藤智洋(毎日放送)、岸憲人、布施美那、井筒栄志、柴田徹郎、曽我和隆、新居稚也、田中慎一、ソネタマエ、安納隆仁、轟千恵子、福田誠也、長谷川大樹、安藤空、勝沢直樹、寺尾康佑、木下大輔、浜一希、横林良太、小林稔、君島和彦、藤原明生、マタノノブユキ、山口貴由、山口徳郎、陰山竜彦、宮崎洋平、岡部剛、阿部裕一郎、佐古俊介、岩橋正憲、渡辺大介、東海林明、奥山雄太郎、鈴木章浩、萩原謙治、有馬巨人、守屋茂員(守屋→以前は演出)、清田知宏、久佐賀浩之、森脇美樹、後藤啓一、田中晋平、シラタコージ、中野聡、河合潤、亀山悟、日向建太
  • 演出:樽見近工、河合優、加地克也、前田朗光、海徳俊治、廣田政治、藤本(ふじもと)創、中山翔太(中山→毎日放送)、松木大輔、安川克浩
  • 総合演出:千葉隆弥
  • プロデューサー:深迫康之(毎日放送、2019年7月23日-)、松原裕、渡邊崇士、齋藤智礼、梅本満、黒木明紀、安藤貴史
  • チーフプロデューサー:林智也(毎日放送)
  • 制作協力:ダイナマイトレボリューションカンパニー、ブレインコミュニケーションズ、ノンプロダクション、カスタム、トスプランニングテレバイダー、つくりて
  • 制作著作:毎日放送

過去のスタッフ(レギュラー版)[編集]

  • 構成:蓮勺朝子、横幕智裕、利光宏治
  • TM:藤野毅(毎日放送)
  • デザイン:竹中健
  • アクリル装飾:下平唯治
  • スカイプ中継:久城雅文(第1回)
  • 編成:木米英治、藤岡恒徳(毎日放送)
  • AP:藤原真美、大藤望、渡辺圭介、伊達和輝、佐藤恵里
  • プロデューサー:辻井靖司・山田陽輔・池﨑光恭(共に毎日放送、山田→2018年1月23日-7月、池崎→2018年7月24日-2019年6月)、土井奈緒美

パイロット版[編集]

  • ナレーター:槇大輔
  • 構成:そーたに、興津豪乃、高野健生(高野→第2回)、村上洋賢
  • リサーチ:喜多あおい、佐藤直也
  • TP/CAM:高木久之(毎日放送)
  • TM:竹本友亮(毎日放送)
  • TD/SW:高石和隆(毎日放送)
  • C/CAM:伊郷憲二
  • AUD:室谷太輝(第2回)
  • LD:平井治雄(第2回)
  • 美術プロデューサー:吉田敬
  • デザイン:寺本夏実
  • 美術制作:三上貴子
  • 大道具制作:岩崎隆史
  • 大道具操作:桜井和則
  • アクリル装飾:石橋誉礼、松浦由佳
  • モニター:大高貢
  • 電飾:青木紀和、富谷聡
  • TK:後藤有紀
  • ヘアメイク:春山輝江
  • 音響効果:上口昭雄
  • 編集:宮島洋介、平池優太
  • MA:志村武浩(第2回)
  • コーディネート:NTV international、Maaike van Soest
  • 技術協力:ヌーベルアージュ、ニューテレス、SPOTよしもとブロードエンタテインメント放送映画製作所、プログレッソ(よしもと→第2回、その他→第1回)
  • 美術協力:フジアール、チトセアート、ネクステージ、ヤマモリ、テレフィット、テルミック、マルチバックス
  • 宣伝:諸冨洋史(毎日放送)
  • 編成(第2回):深迫康之(毎日放送)
  • AD:佐藤智洋(毎日放送)、吉田京平(ダイナマイトレボリューションカンパニー)、長妻凜(吉田・長妻→第2回)
  • AP(第2回):荒井かおり(ダイナマイトレボリューションカンパニー)、椿恵介、藤原真美
  • ディレクター:松原裕、新田亮介(新田→毎日放送)、河合優、井筒栄志(井筒→遊冒)、布施美那(ダイナマイトレボリューションカンパニー)(新田以降→第2回)
  • 総合演出:林智也(毎日放送)
  • プロデューサー:水野雅之(毎日放送)、齋藤智礼(第2回、ダイナマイトレボリューションカンパニー)
  • 制作協力(第2回):ダイナマイトレボリューションカンパニー
  • 制作著作:毎日放送

過去のスタッフ(第1回)[編集]

  • 構成:松本一郎
  • AUD:仲井真盛之
  • LD:香川和代
  • 装飾:牛沢直樹
  • MA:高山元
  • タイトルデザイン:福澤伸太郎
  • タイトルCG:digidelic
  • コーディネート:BACK BONE、Medix korea
  • 技術協力:ティ・ピー・ブレーン、プレスマンズ
  • プロデューサー:佐藤洋介

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2016年12月20日(火)よる7:00から池上彰が選んだ2016年 決定的瞬間!〜教えてもらう前と後〜TBS公式ホームページ
  2. ^ 2017年2月4日(土)ごご2:00から・教えてもらう前と後TBS公式ホームページ
  3. ^ 教えてもらう前と後 加藤清史郎がコペル役を熱演! 200 万部超の大ベストセラー映像化”. 毎日新聞 (2018年4月27日). 2018年5月1日閲覧。
  4. ^ 2018年5月1日放送の3時間SPでの池上彰の発言。
  5. ^ >株式会社和える「4月23日20:00~ 全国放送TBS系列『教えてもらう前と後』にて、代表矢島が"器のプロフェッショナル"として出演いたします!(レモンスタジオの入口が写真に写っている)” (2019年4月18日). 2019年9月6日閲覧。
  6. ^ 当初の予定では本番組を通常通り放送し、その後の20:54から当該特番を放送する予定であったが、前週6月18日に山形県沖地震の影響で中途打ち切りとなった『わたし、定時で帰ります。』最終回の振替放送枠を確保するため、この形となった。
  7. ^ 2019年3月26日(2018年度最終放送日)までは、認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、社名は山陽放送。
毎日放送制作・TBS系列 火曜20:00 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
教えてもらう前と後
-