教仁法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
教仁法親王

教仁法親王(きょうじんほうしんのう、1819年6月19日文政2年4月27日〉 - 1853年1月18日嘉永5年12月9日〉)は、江戸時代後期の法親王閑院宮孝仁親王の第3王子、母は鷹司吉子。幼名健宮。諱は弘保。2度天台座主を務めている。