教科担任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

教科担任(きょうかたんにん)とは、教科を担任する教員のことである。

日本では中学校高等学校など、中等教育学校において、原則として各教科ごとに教科担任が配置される。これらの校種の教員は、各教科ごとの教員免許状を保有しており、その教科を指導する。

これに対し、就学前教育幼稚園など)や初等教育小学校など)では、基本的に学級担任が全教科を指導する。しかし、音楽体育図画工作などでは小学校においても教科担任が配置されることがある。このような教科担任は特に専科と呼ばれる。また、近年では、小学校高学年の国語算数などで、教科担任制を行う研究も行われている。

1つの教科に複数の教科担任がおかれる場合にあっては、同じ教科の教科担任によって教科部会(教科会ともいう)が組織され、教育方針の協議、教材研究、それぞれの進度の確認、定期考査における出題内容の協議などが行われることが多い。

関連項目[編集]