教育可能性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

教育可能性(きょういくかのうせい)とは、教師の働きかけによって児童生徒を伸ばせる可能性を指す言葉である。

コメニウスは、人生初期たる学齢期であるならば、属性に拘らず、模倣により教育可能性があるとした。そこでは、児童は人間工場とでも呼ばれ得る学校において、ベルトコンベアーに乗せられ、教師の手により生産されるとする。児童は、従順な物的素材と見做される。


関連項目[編集]