敬哀賀皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

敬哀賀皇后(けいあいがこうごう、? - 428年)は、中国北魏太武帝の妃。皇后に追尊された。本貫代郡

生涯[編集]

幼い頃に父兄を失い孤児として成長した。太武帝の後宮に入って夫人となり、太子拓跋晃を生んだ。428年神䴥元年)、死去した。貴嬪の位を追贈され、雲中金陵に葬られた。孫の文成帝の即位後に敬哀皇后の諡号を贈られた。

伝記資料[編集]