整地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

整地(せいち、英:Grading)は、土地を建築や耕作などに適するように平らにならすこと、または、そうされた土地である。

逆に、このように整えられていない土地を不整地という。

路線と基礎を通る基礎を示す断面

土木工学および造園建築の整地は土台道路鉄道の ベースコース 、造園や庭園などの建設作業のためのレベルベース、改善、表面排水など特定の勾配を持つものを確保する作業[1]。このような目的のために作成された土塁は多くの場合サブグレードまたは完成断面 (図を参照)と呼ばれている。

目的[編集]

  • 住宅造成などのため、土地をならして地固めをする。切土盛土、あるいはその両者を併用する場合がある。
  • 住宅建造物の建築のため、土地をならして踏み固めるなど地固めをする。
  • 農作物播種や植え付け、栽培のため、土を耕し、雑草および耕作の障害となるなどを除去して土壌を整える。

交通手段[編集]

砂利道や特定の目的のための土工の場合、整地は、ベースだけでなく、完成した構造のカバーと表面を形成し、しばしば完成造成地と呼ばれる。

整地のしかた[編集]

現代の道路グレーダー

多くの場合、 ブルドーザー掘削機などの重機を使用して大まかにエリアを準備し、 グレーダーを使用してより細かい仕上げを行います。今日では、レーザーレベルとグレーダーを組み合わせることにより、直径700mの範囲を20mm以内の高低差に整地することができる。なお、整地前にレベル測量しておくと、排土の移動についてあらかじめ計画を立てることが容易である。

環境デザイン[編集]

環境デザインのプロセスでは整地と再整地はランドスケープデザイン 、 ランドスケープアーキテクチャ 、およびアーキテクチャプロジェクトの仕様および建設要素で基礎やフーチングスロープ棚田と安定化、審美的な輪郭および雨水と家庭/灌漑の流出水の表面流出排水に関して、建物または屋外設備に活用されている。

整地の技術[編集]

関連項目[編集]

参照資料[編集]

  1. ^ "Grade.1.". def. 2. Whitney, William Dwight, and Benjamin E. Smith. The Century dictionary and cyclopedia vol.3. New York: Century Co., 1901. 2589. Print.