敷田直人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
敷田 直人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1971-10-25) 1971年10月25日(46歳)
選手情報
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

敷田 直人(しきた なおと、1971年10月25日 - )は、福岡県出身のプロ野球審判員。審判員袖番号は1996年~2003年は46。2004年~2010年までは2、2011年から3

来歴・人物[編集]

福岡県立八幡工業高等学校を卒業後、新日鐵君津に入社[1]。新日鐵時代は下柳剛松中信彦らとチームメイトであった。野球部捕手として3年間プレーしたが、目立った結果は残すことなく1992年限りで退部、同時に新日鐵も退社した。

その後1994年に歯医者の待合室で見たスポーツ新聞でセ・リーグ審判員公募の記事を見かけた。その記事が心に残ったためにそのままコンビニエンスストアに寄り、同新聞を購入しセレクションに応募、合格を果たした[1]。その後ブリンクマン・フローミング審判学校を経て1996年から審判員となり、2001年に一軍デビュー。

2006年オールスターゲームに初出場。この年11月に開催された日米野球でも、第1戦(11月3日、東京ドーム)に三塁塁審として出場している[2]。その後、2008年クライマックスシリーズ2012年に日本シリーズにそれぞれ初出場を果たしている。また2014年には、2度目の出場となったオールスターゲームの第1戦(7月18日、西武ドーム)で球審を務めた[3]

打者の見逃し三振の際に、漢字の「」のようなポーズをとる[1]。独特のジャッジポーズはファンの間で人気が高く[1]、近年はそれを目的に野球観戦にくるファンがいることがメディアでたびたび取り上げられたりしている。その事について本人は「選手のプレイに花を添えるではないですけどそんなつもりでやっています」と語った。

2015年9月12日の中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ第23回戦(ナゴヤドーム)で三塁塁審を務め、通算1000試合出場を記録した。現役審判員では25人目の達成となる[4]

2018年6月16日の埼玉西武ライオンズ対中日ドラゴンズ第2回戦(メットライフドーム)の試合中、球審を務めていた敷田は、7回裏の西武攻撃中の時、中日投手の木下雄介が西武の打者の秋山翔吾に4球目を投じた後、突然足元をふらつかせ背中から転倒。両チームのトレーナーによって担架に載せられ退場した。この回にファウルチップを左膝に受けていた痛みによるもので、命に別状はなかった。試合は三塁塁審で出場していた柳田浩一が球審に回り、三塁塁審には予備審判の嶋田哲也が入って再開した[5][6]。その後休養した後に6月29日の中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ(ナゴヤドーム)第9回戦の球審として職務復帰した[7]

審判出場記録[編集]

(記録は2017年シーズン終了時)

出典[編集]

  1. ^ a b c d 【ザ・アンパイア】 偶然から始まった「卍の敷田」J SPORTS、2014年03月24日(2014年3月25日閲覧)。
  2. ^ [1]
  3. ^ 2014年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第1戦) - ニッカンスポーツ 2014年07月18日(2015年9月6日閲覧)
  4. ^ 敷田直人審判員が通算1000試合 現役25人目 - 日刊スポーツ[2015年9月12日23時23分]
  5. ^ あっ!球審が…秋山と大野にネット感動「対応が素晴らしくて泣いた」 スポーツニッポン 2018年6月16日閲覧
  6. ^ 卍敷田球審突然倒れ大野奨太と秋山翔吾が機敏に介抱 日刊スポーツ 2018年6月17日閲覧
  7. ^ 敷田審判 球審として復帰 元気に「卍ポーズ」も披露 スポーツニッポン 2018年6月29日閲覧

関連項目[編集]