文京シビックホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
文京シビックホール
Bunkyo Civic Hall

Bunkyo Civic Center 2009.jpg
ホールが入居している文京シビックセンター

情報
正式名称 響きの森文京公会堂[1]
開館 2000年
客席数 大ホール:1,802席
小ホール:325席
運営 公益財団法人文京アカデミー(指定管理者[2]
所在地 東京都文京区春日一丁目16-21 文京シビックセンター

文京シビックホール(ぶんきょうシビックホール)は、文京シビックセンター(文京区役所)内に2000年に開館した多目的ホール。大ホールと小ホールのほか、2室の練習室と1室の多目的室を擁する。施設は文京区が所有し、指定管理者として公益財団法人文京アカデミーが管理・運営している。2009年に区内に在住する中村勘三郎を名誉館長に迎えている。正式名称は響きの森文京公会堂

概要[ソースを編集]

  • 大ホール
    プロセニアム型、席数1,802(オーケストラピット使用時1,640)の大編成オーケストラ、オペラ、バレエなどのクラシック音楽の公演に適している。残響時間が約2.3秒、満席の場合約2.0秒。立ち見席36席の使用が可能で、1階後部にガラスで仕切られた親子席5席を有する。
  • 小ホール
    セミオープン型、325席。別途席を設置すれば371席まで増設できる。全ての席は電動可動となっており、ホール後方に収納すれば大きな平面のホールとなる。
  • 多目的室、練習室
    文京シビックセンターB1F。多目的室は大ホール舞台(反響板設置時)とほぼ同等の広さを有する。練習室はピアノ・ドラムセットなどを備える。大ホール舞台と地下の廊下で接続しており、大ホールエリアの楽屋として使われることがある。
  • 特別応接室、会議室
    文京シビックセンター3F。大ホールの2階席と接続しており、特別応接室等がある。特別来賓者の応対として使われることがある。

特徴[ソースを編集]

文京公会堂

交通機関と直結している数少ないホールであり(東京都内では東京オペラシティ他がある)、4路線(丸ノ内線南北線大江戸線三田線)と直結しているクラシックホールは全国唯一である。交通の便がよいことや都心部にあるホールとしては利用料が比較的安価なこともあり利用率は高く、各種コンサートの他、区の付帯施設として講演会、研修、卒業式等多目的ホールとしても使用されている。

提携団体[ソースを編集]

複数の芸術団体と提携を結ぶ全国唯一のホールである。

ホール主催公演[ソースを編集]

  • 響きの森クラシック・シリーズ(東京フィルハーモニー交響楽団によるクラシック・コンサート)
  • シエナ・ウインド・オーケストラ定期公演(吹奏楽コンサート)
  • 現代音楽普及公演(「武満徹の音楽」)
  • 文京区民参加オペラ
  • 文京区民参加演劇

交通と所在地[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 響きの森文京公会堂条例
  2. ^ 指定管理者制度を導入している施設

関連項目[ソースを編集]

座標: 北緯35度42分28.34秒 東経139度45分8.72秒 / 北緯35.7078722度 東経139.7524222度 / 35.7078722; 139.7524222