文公 (曹)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

文公(ぶんこう、? - 紀元前595年)は、中国春秋時代の君主(在位前618年 - 前595年)。姓は姫、名は寿。共公の子として生まれた[1]紀元前618年8月、共公が死去する[2]と、文公が後を嗣いで曹公として即位した。紀元前612年・許の諸侯らと扈で盟を交わした[3]紀元前602年、晋・・宋・衛・鄭の諸侯らと黒壌で会合した[4]紀元前600年、文公は晋・宋・衛・鄭の諸侯らと扈で会合した[5]紀元前595年5月壬申、文公は死去し[6]、子の宣公が後を嗣いで曹公として即位した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『史記』管蔡世家
  2. ^ 春秋』文公9年
  3. ^ 春秋左氏伝』文公15年
  4. ^ 『春秋左氏伝』宣公7年
  5. ^ 『春秋左氏伝』宣公9年
  6. ^ 『春秋』宣公14年