文化庁メディア芸術祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
文化庁メディア芸術祭
メイン会場・国立新美術館外観
メイン会場・国立新美術館外観
イベントの種類 芸術祭
初回開催 1997年
会場 東京都国立新美術館
主催 文化庁
公式サイト

文化庁メディア芸術祭(ぶんかちょうメディアげいじゅつさい、英語: Japan Media Arts Festival)は、文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁国立新美術館)が主催しているアートエンターテインメントの祭典。芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を表彰することを目的に、1997年度から毎年実施されている[1]。また、受賞作を対象に展示会や関連イベントなどが行われる[2]

アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門マンガ部門 の4部門について、大賞・優秀賞・新人賞を選定。また、第5回(2001年)と第6回(2002年)には特別賞、第7回(2003年)以降は功労賞が授与されている。受賞者にはそれぞれトロフィー、賞金、そして文部科学大臣賞が贈呈される。

実施当初は、デジタルアートインタラクティブ)、デジタルアート(ノンインタラクティブ)、アニメーションマンガの4部門だったが、2003年度(第7回)から現在の4部門に変更された。

部門構成と賞[編集]

アート部門 (Art Division)
  • 大賞
  • 優秀賞
  • 新人賞
  • 審査委員会推薦作品
エンターテイメント部門 (Entertainment Division)
  • 大賞
  • 優秀賞
  • 新人賞
  • 審査委員会推薦作品
アニメーション部門 (Animation Division)
  • 大賞
  • 優秀賞
  • 新人賞
  • 審査委員会推薦作品
マンガ部門 (Manga Division)
  • 大賞
  • 優秀賞
  • 新人賞
  • 審査委員会推薦作品

以上のほか、功労賞が個人に対して授与される。

アート部門[編集]

各年度の大賞作品を示す。ここでは便宜上、デジタルアート(ノンインタラクティブ)部門(第1〜6回)とともに扱う。

デジタルアート(ノンインタラクティブ)部門
  • 第1回(1997年):"Soul Blade(アメリカ版「ソウルエッジ」)" オープニングムービー(ナムコ
  • 第2回(1998年):ハッスル!!とき玉くん(森本晃司
  • 第3回(1999年):愉快な機械(岸啓介)
  • 第4回(2000年):1(武仲貞宗)
  • 第5回(2001年):安重(Anjyu)(大場康雄)
  • 第6回(2002年):TextArc print: Alice's Adventure in Wonderland(CRISPIN JONES with IDEO)
アート部門
  • 第7回(2003年):デジタル・ガジェット 6,8,9(クワクボリョウタ
  • 第8回(2004年):3minutes²(ElectronicShadow)
  • 第9回(2005年):Khronos Projector(AlvaroCASSINELLI)
  • 第10回(2006年):イマジナリー・ナンバーズ2006(木本圭子)
  • 第11回(2007年):nijuman no borei(Jean-Gabriel PERIOT)
  • 第12回(2008年):Oups!(Marcio AMBROSIO)
  • 第13回(2009年):growth modeling device(作者:David BOWEN)
  • 第14回(2010年):Cycloid-E(Michel DECOSTERD / Andre DECOSTERD)
  • 第15回(2011年):Que voz feio(醜い声)(山本良浩)
  • 第16回(2012年):Pendulum Choir(Cod.Act(Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD))
  • 第17回(2013年):crt mgn(Carsten NICOLAI)
  • 第18回(2014年):該当なし
  • 第19回(2015年):Shades of Grey(CHUNG Waiching Bryan)
  • 第20回(2016年):Interface Ⅰ(Ralf BAECKER)

エンターテインメント部門[編集]

各年度の大賞作品を示す。ここでは便宜上、デジタルアート(インタラクティブ)部門(第1〜6回)とともに扱う。

デジタルアート(インタラクティブ)部門
エンターテインメント部門

アニメーション部門[編集]

各年度の大賞作品を示す。

マンガ部門[編集]

各年度の大賞作品を示す。

特別賞[編集]

功労賞[編集]

  • 第7回(2003年):山口勝弘(アーティスト)
  • 第8回(2004年):山本順也(少女マンガ編集者)
  • 第9回(2005年):宮脇修(海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 館長)
  • 第10回(2006年):大工原章(作画監督)
  • 第11回(2007年):辻真先(アニメ脚本家/ミステリ作家)
  • 第12回(2008年):中谷芙二子(アーティスト)
  • 第13回(2009年):宮本茂(ゲームクリエイター)、金田伊功(アニメーター)
  • 第14回(2010年):栗原良幸(マンガ編集者)
  • 第15回(2011年):木下小夜子(アニメーション作家/プロデューサー)
  • 第16回(2012年):江並直美(電子出版物プロデューサー)、大河原邦男(メカニックデザイナー)、小長井信昌(編集者)、佐藤茂(音響技術者)
  • 第17回(2013年):阿部修也(エンジニア/アーティスト)、柏原満(音響効果)、中村公彦(コミティア実行委員会代表)、松本俊夫(映画監督/映像作家/映画理論家)
  • 第18回(2014年):岩政隆一(エンジニアリング・デザイナー)、小野耕世(映画評論家/マンガ評論家/海外コミック翻訳家/海外コミック・アニメーション研究家)、山本圭吾(アーティスト/教育者)、渡辺泰(アニメーション研究者)
  • 第19回(2015年):飯村隆彦(映像作家/批評家)、上村雅之(ハードウェア開発者/ビデオゲーム研究者)、小田部羊一(アニメーター/作画監督/キャラクター・デザイナー)、清水勲(漫画・諷刺画研究家)
  • 第20回(2016年):飯塚正夫(コンテンツ・マネージャー)、梯郁太郎(電子楽器開発者)、高野行央(昭和漫画館青虫館長)、松武秀樹(作曲家/編曲家/シンセサイザー・プログラマー)

受賞作品展[編集]

会期 メイン会場
1 1998年2月2日~2月3日 新国立劇場(小劇場)
2 1999年2月27日~3月2日
3 2000年2月25日~3月2日 草月会館
4 2001年3月12日~3月18日 東京都写真美術館
5 2002年2月28日~3月10日
6 2003年2月27日~3月9日
7 2004年2月27日~3月7日
8 2005年2月25日~3月6日
9 2006年2月24日~3月5日
10 2007年2月24日~3月4日
11 2008年2月6日~2月17日 国立新美術館
12 2009年2月4日~2月15日
13 2010年2月3日~2月14日
14 2011年2月2日~2月13日
15 2012年2月22日~3月4日
16 2013年2月13日~2月24日
17 2014年2月5日~2月16日
18 2015年2月4日~2月15日
19 2016年2月3日~2月14日
20 2017年9月16日~9月28日 東京オペラシティ
21 2018年6月13日~6月24日 国立新美術館

関連項目[編集]

脚注[編集]