文慶建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
文 慶建 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ムン キョンゴン
ラテン文字 MUN Kyung Gun
ハングル 문경건
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1995-02-09) 1995年2月9日(24歳)
出身地 釜山広域市[1]
身長 186cm[2]
体重 82kg[2]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション GK
背番号 22
利き足 右足
ユース
釜慶高校
2014-2017 光云大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- 大分トリニータ 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

文 慶建(ムン・キョンゴン、朝鮮語: 문경건 1995年2月9日 - )は大韓民国釜山広域市出身のプロサッカー選手Jリーグ大分トリニータ所属。ポジションはゴールキーパー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校4年時にサッカーを始めた[3]。当初のポジションはミッドフィールダーであったが、同年代より身長が高かった事を理由にゴールキーパー(GK)を任された[3]。文をフィールドプレーヤーとして育てたかった父親からは反対されたが、プレーを始めて直ぐにGKというポジションに対して魅力を感じた[3]。その後もGKとしてプレーを続け、トーナメントの度にPKをよく防いだことから、「PKに強いGK」と呼ばれるようになり、評価を高めた[3]

2014年光云大学校に入学し同校サッカー部に入部。1年次より正GKを務め、タイトル獲得に貢献し大学トップクラスのGKに成長した[4]。光云大にはGKコーチが在籍していなかったが、練習が休みとなる週末に龍仁大学校のGKコーチに個人指導を受けていた[3]。3年次には光云大と並行して、Kリーグ城南FCでも活動し、テスト選手も出場可能であるRリーグ公式戦に出場した[5]

プロ入り後[編集]

2017年8月Jリーグ大分トリニータに加入[6]。加入2年目の2018年J2第13節・アルビレックス新潟戦にて公式戦初のベンチ入りを経験すると、同試合から数えて公式戦5試合目の天皇杯2回戦レノファ山口FC戦にて、先発出場でプロデビューを果たした。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 大分 22 J2 0 0 - - 0 0
2018 0 0 - 1 0 1 0
2019 J1
通算 日本 J1
日本 J2 0 0 - 1 0 1 0
総通算 0 0 0 0 1 0 1 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

光云大学校
  • Uリーグ王中王戦:1回(2014年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本人Facebookページ”. Facebook. 2018年8月1日閲覧。
  2. ^ a b ムン キョンゴン:大分トリニータ”. 日本プロサッカーリーグ (2019年2月1日). 2019年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f #4 문경건 GK -골대 뒤 외로움을 이겨낸 남자-(朝鮮語)”. 光云大学校 (NAVER Blog) (2016年8月12日). 2018年8月5日閲覧。
  4. ^ '대학 정상 GK' 문경건, 日 J2리그 오이타 트리니타 입단(朝鮮語)”. 光云大学校 (2017年8月4日). 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ 대학-프로팀 오가는 문경건의 ‘이중생활’(朝鮮語)”. スポーツ・アンド・ビジネス・カンパニー (2016年5月21日). 2018年8月1日閲覧。
  6. ^ ムン キョンゴン選手 新加入のお知らせ 2017年8月3日 大分トリニータ公式サイト”. 2018年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月15日閲覧。

関連項目[編集]