文正植

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
文 正植 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ムン・チョンシク
ラテン文字 Moon Jung-sik
ハングル 문정식
基本情報
生年月日 1930年6月23日
大日本帝国の旗 朝鮮
没年月日 2006年12月25日(満76歳没)
韓国の旗 韓国
選手情報
ポジション FW
ユース
培材高等学校韓国語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
当項目参照
代表歴
1956-? 韓国の旗 韓国
監督歴
当項目参照
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

文 正植 (朝鮮語: 문정식、ムン・チョンシク、1930年6月23日 - 2006年12月25日) は大韓民国のサッカー選手。サッカー指導者。

略歴[編集]

1950年および1960年代に大韓民国代表に選出され、1962 FIFAワールドカップ・アジア予選4試合などに出場した。引退後は指導者となり大韓民国代表の監督を2度 (1976年、1984年から1985年まで) 務め、蔚山現代FC (当時は現代ホランイ) の初代監督も務めた。

1994年、大分FC (現在の大分トリニータ) の監督に就任[1]。1995年に全国地域サッカーリーグ決勝大会で準優勝してジャパンフットボールリーグ昇格へチームを導いた[2]。1996年シーズン終了後に健康上の理由により大分FCの監督を退任した[3]。1997年1月、別府市より感謝状が贈られた[4]。大分FCの監督退任後は韓国に帰国して大韓サッカー協会の副会長などを務めた[5][6]

選手歴[編集]

  • Headquarters of Intelligence Detachment FC
  • Counterintelligence Corps FC
  • 第一毛織FC英語版

監督歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「愛称は「大分トリニティ」と決定/大分FC設立総会」 読売新聞、1994年4月9日、2015年3月30日閲覧
  2. ^ 「Jリーグへ官民財一体 誕生2年、はやJFL昇格 大分トリニティ」 朝日新聞、1996年2月10日、2015年3月30日閲覧
  3. ^ 「新監督に韓国の大物・朴景和氏 JFLの大分トリニティ」 朝日新聞、1996年12月10日、2015年3月30日閲覧
  4. ^ 「21人と1団体に感謝状 別府市」 朝日新聞、1997年1月22日、2015年3月30日閲覧
  5. ^ 「鄭夢準・国際サッカー連盟副会長が大分入り」 読売新聞、1997年2月14日、2015年3月30日閲覧
  6. ^ 「日韓シニア、サッカー交流 県選抜-韓国、岐阜市で対戦」 朝日新聞、2002年5月15日、2016年2月22日閲覧