文益漸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぶんえきぜん
文益漸
生誕 1329年
死没 1398年
職業 文官
テンプレートを表示
文益漸
各種表記
ハングル 문 익점
漢字 文 益漸
発音: ムン・イクチョム
日本語読み: ぶん えきぜん
ローマ字 Moon Ik-chum
テンプレートを表示

文 益漸(ぶん えきぜん、朝鮮語: 문익점1329年 - 1398年)は、高麗末期から李氏朝鮮初期の文官は日新、号は三憂堂、江城県の人[1]

1329年、貴族の次男として出生し、12歳の時に李穀の門下生となる。1360年科挙に合格、1363年に使節の随員としてに赴く[2]。当時の元は、綿花の種子の他国への持ち出しを禁止していたが、元の農業書を勉強していた文益漸は農業に関心を抱き、帰国する際に木綿の種子・糸車・糸繰り・機織の技術や用具を持ち帰り[1]、帰国後に漢人の僧侶の手助けの下、綿花の栽培を始めた[2]

評価[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 岸本美緒宮嶋博史『明清と李朝の時代 「世界の歴史12」』中央公論社、1998年。ISBN 978-4124034127。p114