文蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
文蔵
浦和実業学園中学校・高等学校
浦和実業学園中学校・高等学校
■文蔵の位置(埼玉県内)
■文蔵
文蔵
文蔵の位置
北緯35度50分30.27秒 東経139度40分06.84秒 / 北緯35.8417417度 東経139.6685667度 / 35.8417417; 139.6685667
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
南区
人口
2017年(平成29年)9月1日現在)[1]
 • 合計 14,678人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
336-0025[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

文蔵(ぶぞう)は、埼玉県さいたま市南区町名。現行行政地名は文蔵一丁目から文蔵五丁目。住居表示実施地区[4]郵便番号は336-0025[2]

地理[編集]

さいたま市南区南部の沖積平野に位置する。地区の東側で南浦和(四丁目)や川口市小谷場、南側で川口市芝富士蕨市北町、西側で根岸、北側で南本町や南浦和と隣接する。五丁目は東京外環自動車道によって分断されている。全域が市街化区域である[5]南浦和駅に近く、閑静な住宅街が広がっている。

河川[編集]

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば文蔵3-34-16の地点で24万9000円/m2となっている[7]

歴史[編集]

もとは江戸期より存在した武蔵国足立郡浦和領に属する文蔵村で、古くは戦国期より見出せる足立郡の文蔵であった[8]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
文蔵一丁目 1,036世帯 2,250人
文蔵二丁目 1,510世帯 2,971人
文蔵三丁目 1,976世帯 3,995人
文蔵四丁目 1,259世帯 2,681人
文蔵五丁目 1,287世帯 2,781人
7,068世帯 14,678人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[15]

丁目 番地 小学校 中学校
文蔵一丁目 全域 さいたま市立文蔵小学校 さいたま市立岸中学校
文蔵二丁目 全域
文蔵三丁目 全域 さいたま市立南浦和中学校
文蔵四丁目 全域
文蔵五丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

文蔵1丁目と3丁目の東端で東北本線宇都宮線京浜東北線)と高崎線の複々々線に隣接しているが、地内に駅はない。JR武蔵野線京浜東北線南浦和駅が最寄り駅[7]であり、文蔵域内で最も駅に近い水深公園は同駅西口から約200メートルの距離である。

道路[編集]

地域[編集]

寺社・史跡[編集]

  • 文蔵神明社(4丁目)
  • 薬師堂(4丁目)

公園・緑地[編集]

1丁目
  • 水深公園[6]
2丁目
  • 郷前公園
  • 文蔵郷前緑道
  • 文蔵二丁目公園
3丁目
  • 文蔵緑道
  • 文蔵三丁目児童公園
  • 文蔵三丁目第二公園
  • 文蔵フィットネス広場 - 外環道高架下に所在
4丁目
5丁目
  • 文蔵公園
  • 文蔵南公園
  • 文蔵五丁目第一公園
  • 文蔵五丁目第二公園

教育機関[編集]

施設[編集]

1丁目
  • 文蔵第一自治会館
2丁目
3丁目
  • 文蔵幼稚園
  • むさし幼稚園
4丁目
  • 文蔵公民館
    • 文蔵放課後児童クラブ
    • 文蔵児童センター
  • 文蔵第二自治会館

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月2日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 住居表示実施地区一覧 (PDF)”. さいたま市 (2019年2月26日). 2019年12月14日閲覧。
  5. ^ 外部リンク節の『さいたま市地図情報』を参照。
  6. ^ a b c 『「街の達人」でっか字埼玉便利情報地図2013年2版2刷』昭文社、2013年、50頁。ISBN 978-4-398-60135-3。
  7. ^ a b 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  8. ^ a b c d e f 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』757頁。
  9. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』848頁。
  10. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1420頁。
  11. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』190頁。
  12. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』921頁。
  13. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』増補4頁。
  14. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』増補5頁。
  15. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]