文銭堂本舗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三田店 慶應義塾 傍
学問のすヽめ
株式会社 文銭堂本舗
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 文銭堂
本社所在地 日本の旗 日本
105-0004
東京都港区新橋3-6-14
設立 1946年(昭和21年)2月5日
業種 食料品・小売業
法人番号 5010401017042 ウィキデータを編集
事業内容 和菓子の 製造・販売
代表者 田口雅章
外部リンク http://www.bunsendo-hompo.com/
テンプレートを表示

株式会社文銭堂本舗(ぶんせんどう ほんぽ)とは、東京都港区新橋三丁目に存在する和菓子製造販売の会社である。

学問のすゝめ」という名の最中を販売しており、慶應義塾大学への受験者に縁起担ぎで購入されている。この他「文銭最中」や「汽笛一声」などをテーマとした菓子を販売している。

創立:1946年(昭和21年)2月5日

開店:1948年(昭和23年)11月15日[1]

事業[編集]

  • 和菓子の 製造・販売
  • 店舗、新橋店・三田店の2店舗は自己保有。このほか、キヨスク・高島屋でのお取り扱いあり。
    • 新橋店 03-3591-4441、東京都港区新橋3-6-14、営業時間:8:45~19:30(平日)9:00~15:00(土曜)日・祝日定休
    • 三田店 03-3451-6604、東京都港区三田2-13-9 営業時間:9:00~18:30(平日)9:00~15:00(土曜)日・祝日定休
    • JR新横浜駅東海キヨスクにて、「学問のすゝめ」を販売。
    グランドショップ(駅構内改札外)、西店(改札内)、東店(新幹線改札内)
    • 日本橋髙島屋 地下一階「全国銘菓百選」にて「学問のすゝめ」と「文銭最中」を販売。直通 03-3246-4538[2]
    • 日吉東急アベニュー(東急百貨店) 1階「諸国銘菓」コーナーにて「学問のすゝめ」を販売[3]

マスコミ掲載[編集]

新聞・雑誌[編集]

  • MONTHLY m 2003年4月号
  • VOGUE 2003年4月号
  • KURA 2003年3月号
  • 慶應塾生新聞 2003年2月10日号
  • 芝タウン情報局 2003年1月号
  • 東京新聞 2003年1月15日夕刊
  • The Shiba 2002年10月号
  • 朝日新聞 2002年8月31日朝刊
  • store journal 2002年9月号
  • 道経塾 2002年6月号
  • 新・山の手情報誌 APPLE 2002年5月号
  • 朝日新聞 2002年3月6日朝刊
  • Hanako 2002年3月20日号
  • Lightning 2002年3月号
  • 慶應塾生新聞 2002年2月10日
  • 初ぴあ(年末年始限定ぴあ)2002年
  • フロム・エー 2001年11月12日号
  • 百味 2001年8月号
  • 百味 2001年6月号
  • 慶應塾生新聞 2001年2月10日
  • 百味 1999年12月号
  • 百味 1999年9月号
  • 月刊誌Bell 1997年1月 - 12月迄
  • Hanako 1997年11月5日特大号
  • ぴあ 1996年9月10日号
  • ヴァンテーヌ 1995年8月号
  • dancyu 1995年6月号
  • サライ 1995年6月15日号
  • 美しい着物 1996年夏号
  • 美しい着物 1995年夏号
  • チッタ 1992年11月号
  • ヴァンテーヌ 1992年10月号

書籍[編集]

  • 『東京手みやげガイド』文庫版、2001年6月1日発行(廣済堂出版)ISBN 4-331-65325-0
  • 『和菓子のこころ』 全3巻、2001年6月1日発行(研秀出版)第3巻 未来を考える
  • 『東京手みやげガイド』 1999年、東京手みやげ研究会(廣済堂出版)もらって感激!贈って嬉しい!厳選手みやげベスト110、ISBN 4-331-50683-5
  • 『東京のおいしい和菓子』コロナ・ブックス編集部編、1998年2月24日発行(平凡社)東京者なら知っておきたい、厳選41件、ISBN 4-582-63335-8
  • 『和菓子彩彩』中野欣子、1996年12月6日発行(淡交社)日本の銘菓1300選と伝統工芸の器、ISBN 4-473-01506-8
  • 『東京おやつの本』1995年10月15日発行(JTB日本交通公社出版事務局)東京のおいしい洋菓子&和菓子280品230件、ISBN 4-533-02333-9

テレビ番組[編集]

ほか[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]