斉勝川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
斉勝川
斉勝川 2005年11月6日撮影
錦ヶ丘橋から見た斉勝川
水系 一級水系 名取川
種別 一級河川
延長 7.4 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 青葉区上愛子
河口・合流先 広瀬川(青葉区落合/折立)
流域 宮城県仙台市青葉区
テンプレートを表示

斉勝川(さいかちがわ)は、宮城県仙台市青葉区を流れる一級河川名取川水系広瀬川の支流である。名称はサイカチの木に由来する。山鳥川ともいう。

地理[編集]

仙台市都心部より西方に位置する愛子盆地内の宮城県仙台市青葉区上愛子地区南西の蕃山丘陵に源を発し東に向かって流れる。

サイカチ沼と月山池の間(2005年11月)

いくつかの流れが2本にまとまりサイカチ沼に注ぎ、さらに細く短い水路で東の月山池につながる。いずれも20世紀前半に川を堰き止めて作った溜め池である。月山池の東から2本のトンネルで堤をくぐり、蛇行しながら600メートルほど東に流れて広瀬川の河岸段丘に入り、下愛子地区を流れる。錦ヶ丘の住宅団地の北で南からくる谷津川を合わせ、栗生地区と落合地区の境を流れ、折立地区の手前で広瀬川に合流する。

上流では丘陵地でV字谷を形成し、途中の池二つを抜けると河岸段丘崖下の際を流れる。河岸段丘面は、農地または市街地であるが、近年、減反政策の影響で農地指定が解除され、市街地化が急速に進んでいる。

水質[編集]

2011年度の調査では、最下流部の生物化学的酸素要求量(BOD)75%値は 0.7 mg/L であった[1]

支流[編集]

  • 谷津川

橋梁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 仙台市環境局環境部環境企画課『仙台市の環境』杜の都環境プラン(仙台市環境基本計画)平成23年度実績報告書、2012年4月、30頁。