斉子女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

斉子女王(せいし(ただこ/きよこ)じょおう、生薨年不詳)は、平安時代後期の皇族。小一条院敦明親王王女で、母は下野守源政隆の(瑠璃女御)。同母兄弟に源信宗らがいた。賀茂斎院

承保元年(1074年)12月8日斎院に卜定され、白河天皇及び堀河天皇の斎院として16年間奉仕した。寛治3年(1089年)4月12日、母の喪により退下。以後の消息は不明である。

参考文献[編集]