斉木武志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
斉木 武志
さいき たけし
生年月日 (1974-05-13) 1974年5月13日(46歳)
出生地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
出身校 東京大学法学部
前職 NHKアナウンサー
所属政党民主党→)
無所属→)
民進党→)
希望の党→)
旧国民民主党→)
立憲民主党
称号 学士(法学)(東京大学)
公式サイト 斉木武志

日本の旗 衆議院議員
選挙区比例東海ブロック→)
比例北陸信越ブロック福井2区
当選回数 2回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
2017年10月27日 - 現職
テンプレートを表示

斉木 武志(さいき たけし、1974年5月13日 - )は日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(2期)。元NHKアナウンサー。

衆議院経済産業委員会理事、党国会対策副委員長。

来歴[編集]

1974年5月13日山梨県甲府市生まれ。

サラリーマンだった父親の転勤に伴い群馬、埼玉、神奈川など転校が頻繁な幼少期を過ごした。

小学校3年生から神奈川県横浜市に定住。栄光学園中学・高等学校を卒業、東京大学法学部に進学。

1997年3月東京大学法学部政治学科を卒業し、日本放送協会(NHK)にアナウンサーとして入局(同期に膳場貴子)。記者希望だったため、ニュースキャスターの他にクローズアップ現代など報道番組制作を担当した。

2008年2月、民主党の候補者全国公募に応じNHKを退職。

その後、当時空白区だった静岡7区の総支部長に就任し政治活動を開始。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙片山さつきに勝利したものの、城内実に敗れ比例東海ブロックで復活当選。

政策調査会長補佐として、主に経済エネルギー・国会改革分野で活動した。

2012年12月衆議院選挙で民主党の政権喪失とともに下野、2013年以降は党籍を更新せず無所属で活動。

2016年5月、民進党本部より請われ福井県第2区の総支部長に就任。

2017年4月、民進党福井県連副代表に就任。

2017年10月3日、第48回衆議院議員総選挙の福井2区候補者として希望の党が公認を決定[1]

10月22日の投開票の結果、小選挙区では自民党の高木毅に敗れたが、比例復活で二期目の当選[2]

保守王国・福井県から8年ぶりの非自民国会議員の登場となった。

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加した[3]

2018年7月、国民民主党福井県連代表に就任。

2018年10月、国民民主党副幹事長に就任。

2020年9月、国民・立民・無所属の合流による新立憲民主党に参加、国会対策副委員長に就任した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]