斎藤伯好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

斎藤 伯好(さいとう はくこう、1935年1月6日 - 2006年8月8日)は日本のSF翻訳家、作家。本名の読み方は「さいとう のりよし」。斉藤伯好、齋藤伯好などとも表記。日本ペンクラブ日本SF作家クラブ日本推理作家協会少年文芸作家クラブ日本児童文芸家協会日本文芸家協会、各会員[1]

略歴[編集]

東京府(現:東京都足立区千住河原町[2])で公務員の家庭に生まれる。英語を習い始めた小学6年生の時から翻訳家を志望。17歳の時、英語コンテストの懸賞翻訳で優勝し、賞金を獲得。特許事務所で産業英語の翻訳のアルバイトをしつつ、明治大学政治経済学部を卒業。

国家公務員試験(上級職)に合格し、1957年(22歳時)から38年間、運輸省に勤務[3](途中、内閣総理大臣官房、外務省などに出向もあり[4])。同省航空局、海運局、運輸大臣官房、内閣総理大臣官房などを経て、1975年国際機関・SEAPCENTRE東南アジア観光事務所長。1978年特殊法人国際観光振興会バンコク所長、1981年日本国有鉄道本社参事、1983年財団法人海事産業研究所次長[5]

吏員生活の傍ら矢野徹のもとで翻訳を修業し、約250冊の英文書籍を日本語に翻訳。

この間、1963年には日本SF作家クラブの創立に参加。同年、米国SFThe Magazine of Fantasy & Science Fictionの6月号に星新一ボッコちゃん』の英訳を掲載。また、同年、ドイル「マラコット海淵」で英文和訳の翻訳家としてプロデビュー[6]

60歳で退官し、専業翻訳家として独立。小説に『モコモコネコは空を飛ぶ』(岩崎書店)、『トロイメライ』(講談社)などがある。心筋梗塞で死去。

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ人物情報
  3. ^ 最相葉月『星新一 一〇〇一話をつくった人』(下)p.57-58(新潮文庫、2010年)
  4. ^ 読売人物データベースより
  5. ^ 以上経歴は日外アソシエーツ人物情報より
  6. ^ 読売人物データベースより