斉藤利男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

斉藤 利男(さいとう としお、1950年3月27日 - )は、日本史学者、弘前大学名誉教授。[1]

茨城県生まれ。1973年東北大学文学部国史学科卒業。1982年同大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。1983年弘前大学教育学部講師、1986年助教授、1997年教授、2015年3月退官。2018年弘前学院大学社会福祉学部特任教授。専攻は日本中世史。[2]

著書[編集]

  • 『平泉 よみがえる中世都市』岩波新書 1992
  • 『奥州藤原三代 北方の覇者から平泉幕府構想へ』山川出版社 日本史リブレット 2011
  • 『平泉 北方王国の夢』講談社選書メチエ、2014

共編著[編集]

  • 『北の内海世界 北奥羽・蝦夷ヶ島と地域諸集団』入間田宣夫小林真人共編 山川出版社 1999
  • 『青森県の歴史』長谷川成一村越潔小口雅史、小岩信竹共著 山川出版社 県史 2000
  • 『北の環日本海世界 書きかえられる津軽安藤氏村井章介、小口雅史共編 山川出版社 2002
  • 『北の防御性集落と激動の時代』三浦圭介、小口雅史共編 同成社 2006
  • 『十和田湖が語る古代北奥の謎』義江彰夫、入間田宣夫共編著 校倉書房 2006
  • 『生き方・地域の縁を語る 樹木葬和尚とともに』千坂げんぽう編著 玄侑宗久赤坂憲雄共著 本の森 2007
  • 『霊山十和田-忘れられたもうひとつの十和田湖』十和田湖伝説の伝え方を考える会共編著 文化出版 2018

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 弘前大学ホームページ「名誉教授称号授与式を挙行しました」http://www.hirosaki-u.ac.jp/16695.html
  2. ^ 『現代日本人名録』