斉藤司 (ボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斉藤 司
基本情報
本名 斉藤 司
階級 ライト級
身長 175cm[1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1990-06-30) 1990年6月30日(28歳)[1]
出身地 千葉県八千代市[1]
スタイル オーソドックス[1]
プロボクシング戦績
総試合数 21
勝ち 19
KO勝ち 14
敗け 2
テンプレートを表示

斉藤 司(さいとう つかさ、男性、1990年6月30日[1] - )は、日本プロボクサー千葉県八千代市出身[1]。一力ボクシングジム所属。以前は三谷大和スポーツジムに所属。第18代WBC世界ユースライト級王者。

来歴[編集]

2007年9月24日、デビュー戦をTKO勝利。フェザー級全日本新人王を獲得しMVPも受賞。デビューから12連勝。

しかし、2010年10月11日、木村毅相手に6回負傷判定で初黒星[2]

その後は2試合連続TKO勝利。

2012年8月21日、前王者渡邉卓也の返上により空位となっていたWBC世界ライト級ユース王座をかけてラジャクル・ソー・ルンワッタナ(タイ王国の旗 タイ)と対戦、2回1分52秒で、レフェリーストップTKO勝利、ユース王座を獲得した[3]

2012年11月21日、エーククンポン・モークルンテープントンブリー(タイ王国の旗 タイ)相手に初防衛戦を行い、5回2分15秒KOで初防衛成功[4]

2013年3月15日、ジョー・マグシャン(フィリピンの旗 フィリピン)相手に2度目の防衛に挑むが、7回2分48秒KOで王座陥落[5]

2013年7月29日、神崎宜紀をTKOで降し再起成功[6]

2013年11月8日、岩下幸右を2回KOで降し連勝[7]

2018年、9月1日付で一力ジムに移籍した。

戦績[編集]

  • 21戦 19勝 14KO 2敗

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Tsukasa Saito -Boxer”. Boxrec. 2013年12月10日閲覧。
  2. ^ “斉藤司に初黒星 村中はランカーに勝つ”. Boxing News. (2010年10月12日). http://boxingnews.jp/news/2644/ 2013年12月10日閲覧。 
  3. ^ “斉藤司2R TKO勝ち WBCユース世界ライト級王座決定戦”. 稲毛新聞. http://www.chiba-shinbun.co.jp/1209_01.html 2013年12月10日閲覧。 
  4. ^ “斉藤がWBCユースタイトルを防衛”. Boxing News. (2013年11月21日). http://boxingnews.jp/news/1290/ 2013年12月10日閲覧。 
  5. ^ “斉藤がユースタイトル防衛に失敗”. Boxing News. (2013年3月15日). http://boxingnews.jp/news/925/ 2013年12月10日閲覧。 
  6. ^ “斉藤司がTKOで再起 7.29後楽園”. Boxing News. (2013年7月29日). http://boxingnews.jp/news/4941/ 2013年12月10日閲覧。 
  7. ^ “11.8後楽園ホール結果”. Boxing News. (2013年11月8日). http://boxingnews.jp/news/7940/ 2013年12月10日閲覧。 

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
渡邉卓也
第18代WBC世界ユースライト級王者

2012年8月21日 - 2013年3月15日

次王者
ジョー・マグシャン