斉藤惣一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さいとう そういち
斉藤 惣一
Soichi Saito.jpg
生誕 (1886-07-09) 1886年7月9日
日本の旗 日本福岡県企救郡大里村
死没 (1960-07-05) 1960年7月5日(満73歳没)
日本の旗 日本 東京府
墓地 雑司ヶ谷霊園
国籍 日本の旗 日本
出身校 第五高等学校東京帝国大学
職業 大学教授(英文学)、YMCA総主事

斉藤 惣一(さいとう そういち、1886年7月9日 - 1960年7月5日)は、日本キリスト教青年会(YMCA)同盟総主事である。日本のJ・R・モットと言われた。

経歴[編集]

1886年(明治19年)福岡県企救郡大里村に生まれる。第五高等学校を卒業し、東京帝国大学文学部で学ぶ。1911年(明治44年)東京帝国大学を卒業後に、第五高等学校で英文学の教授になる。ジョン・モット、G・M・フィッシャーの影響を受けて、1917年(大正6年)に教師を辞職して、YMCA同盟主事に就任する。1921年(大正10年)には総主事になる。

1924年(大正13年)から10年間、東京キリスト教青年会総主事に就任して、関東大震災後の復興のために尽力する。日本YMCA大陸事業の責任者、太平洋問題調査会日本代表、日本基督教連盟遣米使節として、太平洋戦争開戦前後の日中と日米関係改善に尽力した。

戦後は、引揚救護院初代長官に就任し、1950年(昭和25年)まで外地からの引揚者のために尽力する。また国連特別委員会日本政府代表も務める。また、国際基督教大学建設実行委員長、ユニオン神学校客員教授をも務める。

1956年(昭和31年)にYMCA同盟の総主事を引退し、1960年(昭和35年)に死去し、雑司ヶ谷霊園に葬られる。

著書[編集]

  • 『世界青少年の指導者J・R・モット』
  • 『ジョージ・ウィリアムスと基督教青年会』
  • 『世界伝道協力論』
  • 『神の国の建設者』

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年。