斉藤滋宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斉藤 滋宣
さいとう しげのぶ
Saito shigenobu.jpg
能代市総合体育館で、2010年12月4日
生年月日 (1953-03-02) 1953年3月2日(65歳)
出生地 北海道勇払郡厚真町
出身校 中央大学経済学部
所属政党 (自由民主党→)
無所属
称号 経済学士

当選回数 4回
在任期間 2006年4月23日 -

日本の旗 参議院議員
選挙区 秋田県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1998年 - 2004年

選挙区 山本郡選挙区
当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1998年
テンプレートを表示

斉藤 滋宣(さいとう しげのぶ、1953年3月2日 - )は、日本政治家能代市長(4期)。元参議院議員(1期)、元秋田県議会議員(2期)。

人物[編集]

北海道勇払郡厚真町出身。中央大学在学中に、野呂田芳成(当時・参議院議員)の秘書となったことが契機となり、山本郡二ツ井町(現・能代市)を地盤として、1991年に当時の山本郡選挙区から出馬し、県議を2期目途中まで務める。

その後、引退する参議院議員・佐々木満の後継として、県議を辞職し、参議院議員を1期務める。

2004年、元テレビ局アナウンサーの鈴木陽悦に敗れ落選。国政には復帰しないとして、2006年に新設合併した能代市の市長選に出馬し、旧市の市長であった豊澤有兄を下し、初代市長に就任(なお、平成の大合併期に発足した合併自治体の初代首長で、旧自治体の首長以外が当選したのは秋田県では唯一のケースとなった)。2010年、無投票で再選。2014年、3選。2018年、前市議会議員の小野立を退け、4選を決める[1]

政策[編集]

経歴[編集]

  • 1982年8月 参議院議員野呂田芳成秘書[3]
  • 1983年3月 中央大学経済学部卒業
  • 1983年7月 衆議院議員・野呂田芳成秘書
  • 1991年4月 秋田県議会議員初当選(山本郡選挙区)
  • 1995年4月 秋田県議2選
  • 1998年7月 参議院議員初当選
  • 1999年11月 自民党遊説局長
  • 2000年9月 参議院労働社会政策委員会理事
  • 2001年1月 参議院自由民主党副幹事長
  • 2001年3月 参議院厚生労働委員会理事
  • 2001年3月 国土審議会特別委員(東北地方開発分科会)
  • 2001年6月 自由民主党秋田県連会長
  • 2001年9月 参議院内閣委員会理事
  • 2001年9月 参議院国会対策委員会副委員長
  • 2002年10月 参議院議院運営委員会理事
  • 2002年11月 国土審議会特別委員(豪雪地帯対策分科会)
  • 2003年9月 国土交通大臣政務官
  • 2004年7月 第20回参議院議員通常選挙で落選
  • 2006年3月 能代市長選で初当選
  • 2010年4月 無投票で能代市長に再選
  • 2014年4月 能代市長に3選
  • 2018年4月 能代市長に4選

脚注[編集]

  1. ^ “能代市長選、斉藤氏が4選果たす”. 秋田魁新報. (2018年4月15日). http://www.sakigake.jp/news/article/20180415AK0030/ 2018年4月19日閲覧。 
  2. ^ 別姓通信79号
  3. ^ 公式プロフィール

関連項目[編集]