斉藤理一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

齋藤 理一郎(さいとう りいちろう、1958年3月13日 - )は、日本の物理学者東北大学大学院理学研究科物理学専攻教授。専門は、物性理論、特にカーボンナノチューブの理論。

略歴[編集]

  • 昭和51年3月:埼玉県立浦和高等学校卒業
  • 昭和55年3月:東京大学理学部物理学科卒業
  • 昭和60年3月:東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了(理学博士
  • 昭和60年4月:東京大学理学部助手(物理学教室)
  • 平成2年4月:電気通信大学電気通信学部助教授(電子工学科)
  • 平成15年3月:東北大学大学大学院理学研究科教授(物理学専攻)

受賞歴[編集]

  • 「カーボンナノチューブの理論的研究」で、IBM科学賞を受賞[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]