斉藤美彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

斉藤 美彦(さいとう よしひこ、1955年 - )は、日本経済学者。博士(経済学)。イギリスのリーテイル・バンキング研究から、近年は金融政策にその研究分野を移している。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • イングランド銀行の金融政策(金融財政事情研究会)2014年
  • 金融自由化と金融政策・銀行行動(日本経済評論社)2006年
  • イギリスの貯蓄金融機関と機関投資家(日本経済評論社)1999年
  • リーテイル・バンキング:イギリスの経験(時潮社)1994年

主な共著[編集]

  • 現代経済の解読(第3版)(御茶の水書房)2017年
  • イギリス住宅金融の新潮流(時潮社)2010年[簗田優との共著]
  • 国債累積時代の金融政策(日本経済評論社)2009年[須藤時仁との共著]
  • イギリスの金融規制―市場と情報の観点から―(日本証券経済研究所)2006年
  • 第5巻 金融システムの変容と危機(マルクス経済学の現代的課題第I集グローバル資本主義)(御茶の水書房)2004年
  • コーポレート・ガバナンスの社会的視座(日本経済評論社)2002年
  • 市場化とアメリカのインパクト(東京大学出版会)2001年
  • 繁栄と破綻(日本経済評論社)1998年
  • 機関投資家と証券市場(日本証券経済研究所)1997年
  • 世界の貯蓄金融機関(日本評論社)1996年
  • 日米金融規制の再検討(日本経済評論社)1995年
  • 市場システムの理論(御茶ノ水書房)1992年

主な訳書[編集]

  • コスタス・ラパヴィツァス著『金融化資本主義:生産なき利潤と金融による搾取』(単訳)(日本経済評論社)2018年
  • フォレスト キャピー著 『イングランド銀行―1950年代から1979年まで』(共訳)(日本経済評論社)2015年
  • インゴ ウォルター編『銀行の証券業務参入』(共訳)(東洋経済新報社)1990年

論文[編集]

イギリスおよび日本中心に消費者信用・住宅信用・金融一般・機関投資家(年金・保険・投資信託)等に関連した論文多数