斎木尚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

斎木 尚子(さいき なおこ、1958年(昭和33年)10月11日[1] - )は、日本の外交官東京都生まれ[2]。外務省外務副報道官、経済局長、国際法局長を経て、外務省研修所長。

略歴[編集]

東京都出身。1982年(昭和57年)東京大学法学部卒業、に外務省に入省[3]。1983年(昭和58年)から米国へ二年間留学し、1985年(昭和60年)にウィリアムズ大学卒業[4]

帰国後、1998年外務大臣官房総務課企画官。同年総合外交政策局国際平和協力室長2000年(平成12年)4月より北米局北米二課長。2002年(平成14年)4月、条約局法規課長。2004年(平成16年)8月、慶應義塾大学総合政策学部教授。2006年(平成18年)4月、外務省大臣官房考査・政策評価官、経済局政策課長兼領事サービス本部。同年9月、大臣官房会計課長2009年(平成21年)1月、日本国際問題研究所副所長兼主任研究員[1][4]。この間、2003年(平成15年)から2006年(平成18年)にかけて、京都大学大学院法学研究科客員教授上智大学法学部非常勤講師、中央大学法学部非常勤講師、東京大学大学院公共政策学教育部非常勤講師も務めている[4]

2011年(平成23年)8月、外務省外務報道官組織参事官(報道・広報担当)(外務副報道官)兼広報文化交流部2012年(平成24年)8月、同報道・広報・文化交流担当。同年9月、外務省外務報道官・広報文化組織審議官(報道・広報・文化交流担当)(外務副報道官)兼内閣官房地域活性化統合事務局次長[1]2013年(平成25年)6月、外務省外務報道官・広報文化組織国際文化交流審議官。

2014年(平成26年)7月4日、外務省経済局長兼内閣官房内閣審議官TPP政府対策本部[5]2015年(平成27年)、外務省国際法局[2]2017年(平成29年)、外務省研修所[6]2019年 (平成31年) 退任。同年5月双日顧問。同年6月29日日本ラグビーフットボール協会理事[7]。同年選手村副村長[8]文部科学省大学入試のあり方に関する検討会議委員[9]。2020年6月双日取締役[10]

家族[編集]

夫は外交官の齋木昭隆(元外務事務次官)。工学者の今中治(東京大学名誉教授)は父[3]

同期[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考資料[編集]

  • 「21世紀旗手 外務省北米二課長・斎木尚子さん」「朝日新聞」 2000年11月22日、24日夕刊


先代:
片上慶一
外務省経済局長
2014年(平成26年)
- 2015年(平成27年)
次代:
金杉憲治
先代:
芝田政之
外務省国際文化交流審議官
2013年(平成25年)
- 2014年(平成26年)
次代:
新美潤
先代:
側嶋秀展
外務副報道官
2011年(平成23年)
- 2013年(平成25年)
次代:
水嶋光一