斎藤哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さいとう てつや
斎藤 哲也
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 茨城県取手市[1]
生年月日 (1964-06-03) 1964年6月3日(57歳)
最終学歴 早稲田大学第二文学部社会専修卒業
勤務局 TBSテレビ
部署 アナウンスセンター
活動期間 1989年 -
ジャンル 情報番組など
公式サイト 斎藤哲也
(TBS公式)
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

斎藤 哲也(さいとう てつや、1964年6月3日 - )は、TBSテレビアナウンサー

茨城県出身。茨城県立竜ヶ崎第一高等学校を経て早稲田大学第二文学部社会専修卒業。

人物[編集]

大学在学中に東八郎が主宰する「笑塾」にてお笑いを学び、新宿コマ劇場を始め数々の舞台を経験するが、大学卒業と東の死去に伴い、お笑いからアナウンサーへ転身。

1989年4月、TBS(旧法人)にアナウンサー25期生として入社。同期には小林豊小笠原保子福島弓子原山理一郎がいる[2][3]

1996年9月までは主に報道番組を担当していた。1995年、朝の情報番組『あなたにオンタイム』で秋沢淳子とともにメインキャスターを務める。

その後は1996年9月の番組開始当初から出演していた『はなまるマーケット』で人気上昇。2005年3月後時間番組の『きょう発プラス!』へ異動に伴い、『はなまるマーケット』を降板。その後、平日昼の情報番組である『2時っチャオ!』『ひるおび!』に出演。

現在の出演番組[編集]

  • 逆説の日本史(ナレーション)
  • JNNニュース(日曜朝、2020年4月5日 - )
  • TBS NEWS - TBS NEWS内で随時担当

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

レギュラー・準レギュラー
単発番組での出演
ドラマ

ラジオ[編集]

出演映画[編集]

創作活動[編集]

エピソード[編集]

  • 『はまなるマーケット』後半のクイズコーナー「クイズデイリー!ママダス」の司会で知名度を大きく上げている。特にコーナー終盤の優勝賞品を決めるための「はなまるボックス」登場時の「Come on! はなまるBOX!!」の掛け声とポーズは斎藤のトレードマークとなった。
  • 『2時っチャオ!』では「サスペンダー斎藤の新聞コーナー」を担当。コーナーの冒頭ではサスペンダーの紐を引っ張ってパチンと体に叩きつけていた。
  • 2005年5月11日放送の泉ピン子の番組『ピン子の時間』の企画でダイエットに挑戦し、1か月で103.6kgから88.1kgへ約15kgの減量に成功。
  • 『はなまるマーケット』で司会を務めていた岡江久美子新型コロナウイルスへの感染に伴う肺炎で2020年4月23日に63歳で急逝したことを受けて、翌24日には後継番組の『グッとラック!』へ急遽出演。生前との岡江との思い出話や、前日の会議中に訃報を知ってからの心情を涙をこらえるような表情で語ったうえで、視聴者に対して「健康に気を遣っていた岡江さんがこういうこと(新型コロナウイルスへの感染が命取り)になるので、このウイルスにかからないよう、今まで以上に気をつけていただきたい。それが岡江さんの遺志になると思う」と呼び掛けた[6]

脚注[編集]

  1. ^ NHKウィークリーステラ1998年6月12日号 全国アナウンサー/キャスター名鑑
  2. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1989.4<25期生> 5人入社(男3・女2) 小林豊 斎藤哲也 小笠原保子 福島弓子 原山理一郎(一般職採用)」
  3. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、30-31頁。「89.4<25期生>4人入社 小林豊 斎藤哲也 小笠原保子 福島弓子 原山理一郎…(一般職採用)」
  4. ^ a b c d 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「斎藤哲也 R「すいすいサタデー(1991)」「ヤンアナジョッキー(1992)」 TV「おはようニュース&スポーツ」「はなまるマーケット」」
  5. ^ a b c d e 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF)東京放送、東京放送、2002年1月、31頁。「斎藤哲也… R「すいすいサタデー(91)」「ヤンアナジョッキー(92)」 TV「おはようニュース&スポーツ(90)」「オンタイム(95)」「はなまるマーケット(96)」」
  6. ^ 「岡江さんは“はなまるの太陽”」8年半共演のTBS斎藤哲也アナが追悼 訃報知り「何もできなくなった」”. スポーツニッポン (2020年4月24日). 2020年4月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』東京放送、東京放送、2002年1月。

関連項目[編集]