斎藤恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

斎藤 恒(さいとう ひさし、1877年明治10年)11月16日[1][2] - 1953年昭和28年)3月8日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

石川県出身[1][2][3]。斎藤恒固の長男として生れる[1]。1898年(明治31年)11月、陸軍士官学校(10期)を卒業[1][2][4]。翌年6月、歩兵少尉に任官し歩兵第6連隊付となる[1][4]。1902年(明治35年)8月9日陸軍大学校(19期)に入学するが、日露戦争期であったため1904年(明治37年)2月9日一時中退[5]。同年4月から1905年(明治38年)3月まで出征し、1904年11月から歩兵第6連隊副官を務めた[1]。陸士教官を経て、1906年(明治39年)3月20日に陸大に復校し、1907年(明治40年)11月30日に卒業し参謀本部出仕となった[2][3][5]

1908年(明治41年)4月、参謀本部員となる[1]。1910年(明治43年)11月、歩兵少佐に昇進[1]。1911年(明治44年)3月、清国差遣(北京駐在)となり、上海駐在、参謀本部員、歩兵第18連隊付、支那政府応聘(吉林督軍顧問)などを務め、 1919年(大正8年)4月、歩兵大佐に昇進[1][3]。1921年(大正10年)5月、歩兵第11連隊長となり、参謀本部課長を経て、1923年(大正12年)8月、陸軍少将に進級し歩兵第4旅団長に就任[1][2][3]

1924年(大正13年)8月、陸士予科長となり、教育総監部付を経て、1925年(大正14年)12月、関東軍参謀長に就任[1][2][3]。1928年(昭和3年)6月の張作霖爆殺事件により、無関係であったが責任を負い、同年8月、陸軍中将に進むと同時に参謀本部付となり、同年11月、東京湾要塞司令官に左遷された[1][2][3][6]。1929年(昭和4年)7月1日、重謹慎の処分を受け[1]、同年8月1日に待命となり、同月31日、予備役に編入された[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本陸海軍総合事典』第2版、72頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本陸軍将官辞典』323頁。
  3. ^ a b c d e f g 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』149頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』147、149頁。
  5. ^ a b 『日本陸海軍総合事典』第2版。72、554-555頁。
  6. ^ 『20世紀日本人名事典 あ-せ』1099頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 『20世紀日本人名事典 あ-せ』日外アソシエーツ、2004年。