斎藤明日斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 斎藤明日斗 四段
名前 斎藤明日斗
生年月日 (1998-07-17) 1998年7月17日(22歳)
プロ入り年月日 2017年10月1日(19歳)
棋士番号 311
出身地 神奈川県川崎市
師匠 宮田利男
段位 四段
戦績
2018年3月4日現在
テンプレートを表示

斎藤 明日斗(さいとう あすと、1998年7月17日[1] - )は、日本将棋棋士宮田利男門下[1]。棋士番号は311[1]神奈川県川崎市出身[1]

棋歴[編集]

  • 将棋を始めたきっかけは、小学校に入る前に父に教わったと答えている[1]
  • 順位戦は第77期(2018年度)から参加となる。

棋風[編集]

  • 得意戦法は横歩取り[1]

人物[編集]

  • フットサルが趣味。フットサルが流行る前はサッカーに夢中になりすぎて、師匠の宮田から叱責を受けたと本人が述べている[2]
  • 旧字体で「齋藤」と表記される場合もあるが、連盟公式webでは「斎藤」になっており、本人の揮毫も「斎藤」と書いている。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2010年9月  = 奨励会入会
  • 2015年10月 三段 = 第58回奨励会三段リーグから
  • 2017年10月1日 四段(第61回奨励会三段リーグ優勝)[1][2][3]=プロ入り

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出演[編集]

  • BS1スペシャル 羽生善治 と"AI世代" ~絶対王者に挑んだ若手棋士たち~(2018年10月20日、NHK BS-1)斎藤明日斗の目線で進行。ナレーションは斎藤役として小野友樹が担当[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2017年9月9日). 2020年8月4日閲覧。
  2. ^ a b 『将棋世界』2017年11月号、マイナビ出版、2017年10月5日。
  3. ^ 第43回「将棋の日」表彰・感謝の式典の模様|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2017年9月9日). 2020年8月4日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会. “BS1スペシャル - NHK” (日本語). BS1スペシャル - NHK. 2018年10月27日閲覧。

関連項目[編集]